使い切れずに困る!トマトの保存テクニック

最近、赤くて甘いトマトがスーパーに並んでいますね。

食卓に彩りを添えるトマトは切ってサラダにしたり、スライスしてサンドイッチにしたり、色々なお料理に活用できます。

しかし、一度に全部使いきれずに困った経験はありませんか?

特に冷蔵庫に入れてしまうと、色々な問題が生じます。

元スーパーの青果担当だった私、「ぱるとよ」が、美味しさを維持しながらトマトを保存する方法をご提案します。

記事の要約!
  1. 切りかけのトマトは、ラップを使って冷蔵庫に保存する方法があること。
  2. すぐに食べきれないトマトはカットせずに保存することが最適であること。
  3. 使いかけのトマトを3日以上保存する場合、冷凍保存が有効な手段であること。

では、早速紹介しますね。

切って残ったトマト、どう保存?

たとえば、半分だけ使ったトマト。

そのまま冷蔵庫に入れてしまうと乾燥してしまい、美味しさが半減してしまう可能性があります。

そんな時はラップが大活躍です。カットした面をラップでピッタリと覆い、トマト全体に包み、冷蔵庫に保存しましょう。

ただし、注意点が一つ。

保存する時は切り口を上にするようにしましょう。

切り口はとてもデリケートなので、刺激を与えない方は良いですよ。

カットトマトの保存について

トマトは水分をたっぷりと含んだ野菜です。

そのため、カットすると水分がどんどん出てしまいます。水分が出ることで、トマトの風味や味わいが減少してしまう可能性があります。

それだけでなく、水分と糖分が混ざり合うと、カビや雑菌が発生しやすくなります。

そこで、すぐに食べきれないトマトは細かくカットせずにそのまま保存することをおすすめします。

トマトも冷凍できる?

実は、使いかけのトマトを3日以上保存したいときには冷凍保存が効果的です。

その方法はとても簡単。まず、トマトを食べやすい大きさにカットします。

次に、食品保存袋に入れて冷凍庫に入れます。

こうすることで、トマトを美味しく長持ちさせることができます。ただし、冷凍したトマトは生で食べるのには向かないので、煮込み料理などに使うことをおすすめします。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説