とうもろこしを「おたま1杯の水」で茹でる方法

とうもろこしの美味しさには自然と引き寄せられますね!

とうもろこしはお召し上がりでしょうか?

電子レンジで調理するのが一般的で手軽ですが、伝統的な鍋で茹でる方法を好む方もいるでしょう。

しかし、その場合、大量の水を沸かす必要があり、時間がかかるのが難点です。

そこで、今日はお玉一杯の水だけでとうもろこしを茹でる方法を、元スーパーの青果担当だった「ぱるとよ」がお伝えします。

この記事でわかること
  1. とうもろこしをおたま1杯で茹でる方法
  2. 茹でたとうもろこしの保存方法

では、早速紹介しますね。

とうもろこしをお玉一杯の水で茹でてみましょう!

電子レンジで加熱するのが流行っていますが、お玉一杯の水で茹でると、とうもろこしの甘みと旨味が引き立ち、非常に美味しくなります。

手順(2本のとうもろこしを使用する場合)

1)とうもろこしのひげと根を取り除きます。

2)皮をむき、よく洗います。

3)フライパンにお玉一杯の水ととうもろこしを入れ、蓋をして火にかけます。

4)沸騰したら3分間茹で、その後ひっくり返して更に3分間茹でます。

ポイント・コツ

とうもろこしのサイズや量により、加熱時間を微調整することも可能です。

とうもろこしが透明感を帯び、鮮やかな黄色になり、香りが立ってきたら火が通ったと判断できます。

電子レンジで加熱するよりも、食感はふっくらとして、果汁がしっかりと詰まっています。

加熱後の「とうもろこし」の保存方法

茹でたてのとうもろこしは熱いので、冷ましてから保存してください。

冷めたら、1個ずつラップに包みます。

ラップに包むことで、粒がしわしわになるのを防げます。

とうもろこしは長く保存できないので、冷蔵庫で保存しつつ、1~2日以内に食べきるようにしましょう!

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説