べちゃっとするカボチャを、ホクホクにするスゴ技!知っていると料理がワンランクアップ!

かぼちゃの美味しい季節がやってきました。

この季節、多くの家庭でかぼちゃを楽しむ方が増えてきます。

かぼちゃは、甘みがあり、色鮮やかなので、さまざまな料理に使えて便利ですよね。

しかし、かぼちゃによってはホクホクとした食感に仕上げることができる一方で、べちゃっとした食感になってしまうこともあります。

そんな時には、以下の方法でホクホクの食感に仕上げることができます。

では早速、解説しますね。

ステップ1:カットしたかぼちゃに砂糖をまぶす

かぼちゃを切った際に、水分が多いと感じたら、砂糖をまぶしてください。

具体的には、かぼちゃ1/4カットに対して、砂糖大さじ1をまぶし、半日放置します。

この工程は、かぼちゃの水分調整に非常に効果的です。

浸透圧でかぼちゃの水分を出し、半日経つとかぼちゃから水分がしっかりと出てきます。

ステップ2:油でコーティング

次に、カットしたかぼちゃを油で炒め、表面をしっかりとコーティングします。

この工程は、かぼちゃのべちゃっとした食感を軽減するための重要なステップです。

油でコーティングすることで、かぼちゃの内部の水分を閉じ込め、ホクホク感を高めることができます。

ステップ3:水分を飛ばす。

油でコーティングしたかぼちゃを、かぼちゃから出た水分と醤油を加えて煮ます。

この際、弱火で加熱することがポイントです。火力が強すぎると、かぼちゃが焦げてしまう恐れがあります。

かぼちゃが柔らかくなったら、余分な煮汁を捨て、水分をしっかりと飛ばします。

この工程で、かぼちゃの中の余分な水分を取り除き、さらにホクホク感を強化できますよ!

まとめ

記事の要約!
  1. かぼちゃをホクホクに仕上げるための方法を詳しく紹介しました。
  2. 砂糖をまぶすことで、かぼちゃからの水分をしっかりと調整することができます。
  3. 油でのコーティングと、水分を飛ばす工程が、ホクホクの食感を生む秘訣です。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

野菜・果物の使い方に迷ったら!こちらのレシピ集がオススメですよ!

硬い「かぼちゃ」を簡単に切る方法と、余った「かぼちゃ」の保存方法

硬い「かぼちゃ」を簡単に切る方法と、余った「かぼちゃ」の保存方法

ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説