色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

夏はトマトが特に美味しい季節ですね。そのトマトの味を引き立てるために、正しい保存方法は欠かせません。

特に、夏場の「青いトマト」と「赤いトマト」それぞれに対して適切な保存方法が存在します。

私が過去にスーパーの青果担当者をしていた経験を活かし、それぞれのトマトの適切な保存方法をお伝えします。

また、購入時に役立つポイントも紹介します。

是非、おいしいトマトを楽しむための参考にしてみてください。

記事の要約!
  1. 夏場のトマトが青い理由とその適切な保存方法。
  2. 赤く熟したトマトの保存とは?

では、早速紹介しますね。

夏場のトマトはなぜ青いのか?

夏になると、スーパーの棚には青いトマトが並びます。

完熟した赤いトマトが美味しいとは言え、収穫から消費者の手に渡るまでの時間を考えると、トマトは多少青い状態で収穫されるのが普通です。

それは、トマトが時間とともに自然に赤く熟す性質をうまく利用しているからです。

夏場の高温では、トマトが冬よりも早く熟すため、適切な熟度を保つためには少し青い状態で収穫します。

青いトマトはどう保存する?

未熟な青いトマトは、冷蔵庫に入れると成熟が遅れてしまいます。

それでは青いトマトの保存方法を見ていきましょう。

1)直射日光を避けて、風通しの良い場所に置きます。

2)他の果物から離して保存します。他の果物が出すエチレンガスがトマトの過熟を早めるからです。

3)日々色の変化を見て、トマトが赤くなったらすぐに冷蔵庫へ移します。

赤いトマトの保存方法は?

一方、完全に赤く熟したトマトは、高温下で傷みやすいため、冷蔵庫での保存が適しています。

1)キッチンペーパーでトマトを包みます。

2)それをポリ袋に入れます。

3)冷蔵庫の野菜室に保存します。

毎日キッチンペーパーを取り替えて、トマトの状態を確認すると良いでしょう。

トマトの選び方

トマトの選び方は、食べるタイミングによります。

すぐに食べる予定なら、赤く熟したトマトを。

食べるまでに数日経つ予定なら、青いトマトを選びます。

トマトを上手に選べば、美味しく食べるための最初の一歩となります。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説