NGなトマトを買わないために知っておきたい豆知識!

季節は夏。汗ばむ日差しと共に、果汁豊かなトマトがおいしく味わえる時期がやってきました。

トマトはそのまま食べても、サラダにしても、火を通しても、そのジューシーさは料理のアクセントになります。

しかし、一体どんなトマトを選べば良いのでしょうか?

記事の要約!
  1. トマトの見極め方は色、硬さ、傷に注目する
  2. トマト選びに影響する要素には収穫期間も関わる
  3. ハズレのトマトも調理方法次第で活用可能

では、早速紹介しますね。

緑すぎるトマトはNG!

トマト農家の人々は、完熟しすぎないように、輸送期間を含めて適度に色がつくタイミングでトマトを出荷します。

しかし、その結果、スーパーの棚に並んでいるトマトの中には、まだ緑色が多いものも混ざっていることがあります。

すぐに食べる予定がない場合は、緑色が残っているトマトを選んでも大丈夫ですが、すぐに食べたいなら、しっかりと赤みが全体に出ているトマトを選ぶことをおすすめします。

ぶよぶよトマトはNG

完熟しすぎてしまったトマトは、ぶよぶよとした食感になり、生で食べるときにはあまりおいしくありません。

そのようなトマトは煮込み料理にすると良いです。

しかし、生食を予定している場合は、ハリのある赤いトマトを選ぶことが大切です。

キズのあるトマトには注意して

トマトが傷ついていると、そこから腐敗が始まる可能性があります。

また、完熟しすぎてトマトに亀裂が入ることもあります。

そういったトマトは避け、なるべく傷のないものを選ぶと良いでしょう。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説