包丁・ピーラー不要!「じゃがいも」の皮を薄く剥く簡単な方法!?元スーパーの店員が教える裏ワザ

じゃがいもは多くの人々の食卓に欠かせない存在で、フライドポテトやチップスといったおやつにしても好まれていますよね。

特に、子供たちからの支持が高いですね。

しかし、包丁を使うと皮を剥く際に厚く剥いでしまうこと、ありませんか?

その問題を解決する裏ワザをご紹介しますね。ツルッと薄く剥くことができますので、ぜひお試しくださいね。

包丁やピーラーも不要!じゃがいもの皮をつるっと剥くコツ

多くの方がじゃがいもの皮を剥く際には、ピーラーや包丁を使っていると思います。

実はそのほかにも、皮を薄く剥く方法がありますよ。

その方法とは、爪楊枝を使うこと。

このテクニックをマスターすれば、皮を剥く作業が一気に楽になります。

手順

1. じゃがいもの表面に爪楊枝で軽く線を書きます。

この線は皮を剥く際の目安となりますので、深く切り込む必要はありません。

2. じゃがいもを20〜30分茹でます。

茹でることで、皮がスムーズに剥ける状態になります。茹で時間はじゃがいものサイズや種類に応じて調整しましょう。

3. 茹でたじゃがいもを氷水に10秒間浸します。

4. 皮をゆっくりと剥きます。

氷水で冷やすことにより、じゃがいもの表面温度が下がり、皮が更に簡単に剥けるようになります。

コツ・注意点のリライト

形をキープしたい料理、例えばフライドポテトを作る際は、じゃがいもを茹ですぎないよう注意しましょう。

皮に切り込みを入れる際は、深く切りすぎないことがポイントです。浅い切り込みでも皮は十分に剥けます。

茹で上がったじゃがいもは熱いので、氷水に入れるときは慎重に。氷水で冷やすことで皮がさらに剥きやすくなります。

まとめ

記事の要約!
  1. チェックポイント1:じゃがいもの皮を剥く際、ピーラーや包丁は不要。爪楊枝を使うと洗い物も少なくて便利。
  2. チェックポイント2:爪楊枝で皮に軽く線を書き、20~30分茹でた後、氷水に10秒浸すと皮が簡単に剥ける。
  3. チェックポイント3:皮の切り込みは浅く、茹ですぎに注意。氷水で冷やすと皮がさらに剥きやすくなる。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説