まさかのNG!?オクラの栄養を逃さない茹で方とは?

オクラは生食も可能ですが、おそらく多くの方が茹でて食べるのではないでしょうか。

それについて、皆さんはどのように茹でているでしょうか? 意外と知らないのが、その茹で方によっては栄養素が失われてしまう可能性があるということです。

今回は元スーパーの店員、「ぱるとよ」が、オクラの栄養を逃がさない最適な茹で方を解説します。

この記事でわかること
  1. 栄養を逃さないオクラの茹で方が分かる
  2. NGなオクラの茹で方も紹介

では、早速紹介しますね。

NGな茹で方とは?

オクラを茹でる際、一般的にはへたの部分を切り落としてから茹でる方が多いと思います。しかし、この方法だと、栄養が茹で汁に流れ出てしまい、また、オクラの特徴的な粘りも茹で汁に出てしまい扱いづらくなります。

そこで、へたの部分を切り落とさずに茹でる方法を紹介します。

おすすめの茹で方(手順)

1)オクラをまな板に置き、適量の塩を振り、板ずりをします。

2)へたの部分を切り落とさずに、その周りの部分を剥き、先端を少し切ります。

3)お湯を沸騰させ、沸騰したら塩をまぶしたオクラを投入し、1分〜1分30秒程度茹でます。

4)茹で上がったらザルに取り出し、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

5)適度な大きさにカットします。

オクラの活用方法

この方法で茹でることで、栄養素が茹で汁に流れ出にくくなります。また、茹でたオクラは水気を拭き取ることで、調味料を加えた際に味が薄まることを防げます。

茹でたオクラは、麺つゆやゆずポン酢、白だし、醤油、食べるラー油などとの相性が良いので、お好みの味付けでお楽しみください。さらに、鰹節や桜エビ、いりごま、すりごまなどをトッピングすれば、一層美味しさが増します。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説