ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

夏の到来とともに、美味しいナス料理が食卓を彩ります。

焼きナス、ナスの天ぷら、煮物など、料理のバリエーションは無限大。

しかし、ナスを生で食べたことはありますか?

今回は、スーパーの青果担当をしてきた経験をもとに、ナスの生食について、その魅力と料理方法を紹介します。

記事の要約!
  1. ナスはアク抜きを行えば生で食べられること。
  2. アク抜きの具体的な手順と、それを用いたレシピの一例。
  3. 生ナスを使った新たな料理が夏の食卓を豊かにする。

では、早速紹介しますね。

生食可能?その秘訣

ナスは実は生で食べられます。

「えっ、生で??」と思われた方も少なくないでしょう。

ですが、注意すべき点があります。

それは、「アク抜き」です。

ナスに含まれるアクを適切に処理することで、生食でも美味しく食べられます。

アク抜きのステップ

アク抜きはナスの生食には欠かせないプロセスです。

アク抜きの手順は以下のとおりです。

1. ナスを薄くスライスする。

2. スライスしたナスを塩水に10分ほど浸けてアクを出す。

3. アクが出たら、ナスをよく洗い、水分を絞る。

以上でアク抜きが完了。アク抜き後のナスは、生食できますよ。

生ナスのレシピアイデア

アク抜きしたナスは、どのように料理すればよいでしょうか。ここでは、簡単なレシピとして「ナスの浅漬け」をご紹介します。

1. アク抜きしたナス、スライスしたきゅうり、千切りした大葉を袋に入れ、白だしを加えます。

2. 袋を上から揉み、20分程度待ちます。

これだけで、美味しいナスの浅漬けが完成します。

また、生ナスはサラダや、醤油とわさびで食べる刺身など、色々な料理に活用できます。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説