シンプルで美味しい!自家製きゅうりのピリ辛漬け

何気ない日常に、少し刺激が必要な時ありませんか?

そんな時にぴったりなのが「きゅうりのピリ辛漬け」。

これは、緑豊かなきゅうりが、特製のピリ辛調味料で別物に変身するレシピです。

シンプルな材料と手順で、あっという間に出来上がります。

辛さは自分の好みに調整でき、お米との相性も抜群です。

では早速作っていきましょう!

記事の要約!
  1. きゅうりのピリ辛漬けは、シンプルな材料と手順で作れる。
  2. きゅうりを1cm幅にカットし、塩で揉むことで食感が良くなる。
  3. 豆板醤の量を調整することで、辛さを自分好みにできる。

では、早速紹介しますね。

動画でも紹介しています。

きゅうりのピリ辛漬けの材料と下処理

材料

– きゅうり:2本

– 生姜:1片

– 塩:小さじ1/2

– 醤油:大さじ1

– 豆板醤:小さじ1

作り方

1)きゅうりは洗って両端のヘタを落とします。

2)1cmの幅にカットします。この幅にすることで、食べた時の心地よい食感が楽しめます。

3)ポリ袋にきゅうりを入れ、塩で揉み込みます。

4)生姜は千切りにして、塩で揉み込んだきゅうりと一緒に袋に入れます。

5)醤油と豆板醤を袋に加え、再度よく揉み込みます。

ここでのポイントは、豆板醤の量です。好みに応じて調節可能で、辛さが苦手な方は少なめ、辛いもの好きな方は多めにしてみてください。

完成までの約2時間!

揉み込みが終わったら、袋を冷蔵庫で約2時間寝かせます。

この待ち時間が、きゅうりに味をしっかりと染み込ませる大切な時間です。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説