【包丁を使わず】薬味ネギを「パラパラ」に冷凍する簡単な方法!すぐに料理に使えて便利

刻みネギを料理のトッピングとして活用すると、見た目がカフェ風になり、食卓の雰囲気がより一層引き立ちます。

スーパーでは、便利な刻みネギが売られていますが、価格が少し高いこともあります。そのため、自宅で薬味ネギを購入し、自分で刻む方も多いでしょう。

ただし、薬味ネギは新鮮さが長持ちしないため、食べきる前に劣化することがあります。

このため、刻んだネギを冷凍保存する方法が一般的ですが、普通に冷凍すると、ネギ同士が固まってしまい、使用時に不便です。

そこで今回は刻みネギをパラパラに冷凍する方法をご紹介します。

薬味ネギの正しい下処理方法

まず、薬味ネギをしっかり洗い、キッチンペーパーで水気を取り除きます。

そして、先端からキッチンバサミで刻んでいきます。

刻んだネギに水分が残っていると、冷凍時にくっつきやすくなるため注意が必要です。

タッパーに直接入れていくと、後片付けも楽です。

刻みネギをパラパラに冷凍するコツ

刻みネギがくっつきにくくするために、タッパーにキッチンペーパーを敷いておきます。

刻んだネギをタッパーに入れます。

タッパーにネギを詰めすぎないようにすることも大切です。詰めすぎると、ネギが固まりやすくなります。

上からもキッチンペーパーをかぶせて蓋をします。

冷凍庫に入れた後は、30分ごとに2〜3回、箸でかき混ぜることがポイントです。

これにより、ネギがパラパラに冷凍され、料理のトッピングに最適な状態になります。

薬味ネギと同じように、みょうがも冷凍ができますよ。

「みょうが」が1ヶ月も長持ちする簡単な保存方法!元スーパーの店員が解説

まとめ

記事の要約!

– タッパーにキッチンペーパーを敷いてネギを入れる。

– 30分ごとに2~3回かき混ぜる。

少しの手間で刻みネギをパラパラに冷凍できるため、試してみてはいかがでしょうか。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説