「捨てないで」珈琲カスの活用方法「消臭剤になるって知ってた?」

ドリップコーヒーを楽しんだ後、そのコーヒーかすをただ捨てるのはもったいないことがあります。

実は、コーヒーかすを再利用して消臭剤として使う方法があるのです。

この方法を取り入れれば、市販の消臭剤を購入する必要がなくなるかもしれません。さて、その作り方をご案内しましょう。

コーヒーかすで消臭剤を作る手順

1. ドリップ後のコーヒーかすを皿に広げ、平らにします。

2. 電子レンジを600Wに設定し、2分間加熱します。

3. 表面は乾いているようですが、中は湿っている場合があります。かき混ぜて、再度600Wで1分間加熱します。乾燥状態を確認しながら加熱時間を調整してください。

4. 乾燥が終わったら、お茶パックに入れれば、手作りの消臭剤の完成です。

【補足】

時間があれば、電子レンジを使わずに自然乾燥させる方法もあります。

コーヒーかすを天日でしっかりと乾燥させてください。

使用例1:リビングやキッチンの消臭

キッチン周り、リビング、靴箱などに置いてみてください。

生活の中の気になる臭いが減り、快適な空間が実現します。

この方法を使い始めてから、市販の消臭剤を買う必要がなくなりました。

市販の消臭剤と同様、置くだけで大丈夫です。

場所をとらず、経済的です。また、使い終わったコーヒーかすを活用するため、環境にも優しい選択です。

使用例2:生ゴミの臭い対策

料理をするとき、生ゴミは避けられません。

これらの生ゴミから発生する嫌な臭いにも、コーヒーかすが効果を発揮します。

生ゴミの袋にコーヒーかすを入れておくだけで、臭いを軽減できます。

まとめ

記事の要約!

– コーヒーかすを皿に広げ、600Wで2分加熱後、かき混ぜてさらに1分加熱して乾燥させる。

– 乾燥後、お茶パックに入れて手作り消臭剤を作る。天日干しも選択肢。

– リビングやキッチン、靴箱に置くと生活の臭いが軽減。

生ゴミの袋に入れると臭いを減らせる。

興味がある方は、是非試してみてください。

関連記事(捨てないでシリーズ 再利用でエコ生活)

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」みかんの皮の”意外な活用方法”とは?

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?

「捨てないで」ティーパックの”意外な活用法”とは?