レンジで簡単!とうもろこしのおいしい加熱方法!

皆さんは、とうもろこしをお鍋で茹でていませんか?

たった1本や2本なら、お鍋よりもレンジを使うほうが簡単で、しかも手間も減ります。

そして、なんといっても洗い物が減るのはうれしいですよね。そこで、スーパーの青果担当だった私が、とうもろこしのレンジでの加熱方法をご紹介します。

記事の要約!
  1. とうもろこしはレンジで手軽に加熱できる。
  2. とうもろこしのレンジ加熱法は、皮をむいたものと皮ごとの二種類がある。
  3. とうもろこしのレンジ加熱法は、家事の時間と手間を減らすことができる。

では、早速紹介しますね。

皮なしとうもろこしのレンジでの加熱方法

お湯を沸かす必要がないので、時間の節約にもなるレンジ調理。

とうもろこしの皮を剥いてからのレンジでの加熱方法を説明します。

【手順】

1)とうもろこしの皮を剥き、洗います。

2)半分にカットしてラップで包みます。

3)600wのレンジで3分加熱し、ひっくり返してからさらに3分加熱します。

注意点・コツ

注意点として、ラップは筒状に包みましょう。ピッタリ閉じると、加熱中にラップが破裂する恐れがあります。

出来上がりの合図は、とうもろこしから良い香りがすること。

粒に透明感が出てこない時は、さらに加熱します。

すぐに食べない場合は、ラップをしたまま冷蔵庫で保存し、翌日に食べきるようにしましょう。

皮ごとレンジで加熱する方法

外側の皮をむき、薄皮になったとうもろこしをそのままレンジで加熱します。

【手順】

1)外側の厚い皮を剥き、薄皮にします。

2)600wのレンジで6分加熱します。途中で一度ひっくり返してください。

3)熱いので注意しながら、軸を切り落とし、ひげ根の部分を持ち引っ張れば、皮がきれいに剥がれます。

注意点・コツ

ひげ根が気になる方は洗ってから食べても大丈夫です。

その場合はキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ってくださいね。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説