「みょうが」が1ヶ月も長持ちする簡単な保存方法!元スーパーの店員が解説

みょうがの香りの高さは、夏の料理に欠かせない要素で、爽やかな風味を加えてくれます。

しかし、その保存は少々難しく、買った後に割と早く傷むことも珍しくありません。

そこで、今回はみょうがを1ヶ月も長持ちさせる秘訣を紹介します。

この保存方法は非常に手軽で、誰でも実践できます。それは冷凍する方法です。食べやすい状態に切り分けてから保存するのがポイントです。手順は以下のとおりです。

記事の要約!
  1. みょうがの保存には冷凍が効果的で、1ヶ月の長持ちが可能
  2. 輪切りや細切りにしてから冷凍することで、解凍せずに直接調理に使える

では、早速紹介しますね。

みょうがの冷凍方法(手順)

みょうがを輪切りまたは細切りにする

まずは調理に使いやすい大きさに切ります。これが保存の第一歩です。

1回分ずつラップに包む

使いたい分だけ取り出せるように、1回分ずつラップで個別に包みます。

ラップに包んだみょうがを食品用保存袋(冷凍対応)に入れ、冷凍庫で保存

れで、みょうがは1ヶ月も長持ちします。生で保存するよりも格段に保存期間が長くなります。

冷凍みょうがの活用方法

冷凍したみょうがは解凍せずにそのまま使えます。冷凍みょうがは手間を省き、さまざまな料理で活用できます。

麺つゆへの活用

冷凍したみょうがは麺つゆに入れるだけで、氷の代わりとなり、爽やかな風味を加えつつ、つゆを冷たくしてくれます。夏には特におすすめの使い方です。

味噌汁での利用

また、味噌汁に冷凍みょうがをそのまま投入すると、味に深みが出て一風変わった美味しい味噌汁を楽しめます。

他の料理への応用

さらに、焼き魚のトッピングに使ったり、煮物に添えたりしたりしても美味しいですよ。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説