とうもろこしの甘さを長持ちさせる、プロの保存テク

とうもろこしは茹でたり、レンジで加熱するだけで食べられる便利な野菜。

わが家では毎日のように食べています。

とうもろこしといったら甘くてジューシーでまるでフルーツを思わせるほどのものもありますよね。

特に、朝摘みしたてのとうもろこしは、格別な美味しさがあります。

しかし、大切なこの美味しさを保つためには、ちゃんとした保存方法が必要です。

今回は、とうもろこしの鮮度や甘さをキープする方法を解説します。

記事の要約!
  1. とうもろこしの美味しさを保つためには、冷蔵庫での保存が推奨される。
  2. とうもろこしは冷蔵庫保存時には袋に入れて立てて保存する。
  3. 最も美味しさを維持できる保存方法は、とうもろこしを茹でてから冷蔵庫で保存すること。

では、早速紹介しますね。

保存について

まずは、とうもろこしをどこで保存するか、これが大切なポイントです。

スーパーや八百屋で見かけるとうもろこしは、室温や冷蔵ケースで並べられています。

自宅だと室温、冷蔵庫、どちらで保存したら良いか迷いますよね。

とうもろこしは収穫した瞬間からエネルギーを使って生き続け、その結果、時間と共に美味しさが失われてしまいます。

特に温度が高い場所ではその変化は速まります。

そのため、室温ではなく冷蔵庫で保存することがおすすめです。

冷蔵庫での保存の仕方

冷蔵庫で保存するとき、とうもろこしは袋に入れて立てておきましょう。

そうは言っても、冷蔵庫で保存していても、とうもろこしの甘さは徐々に失われてしまいます。

そこでよりオススメの方法は「茹でて保存する」という方法です。

沸騰したお湯でとうもろこしを3分間茹で、粗熱が取れたらラップで包んで冷蔵庫に入れるのです。

この方法なら、とうもろこしの美味しさを最大限に保つことができます。

ただし、茹でた後のとうもろこしは1~2日で食べきることをおすすめします。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説