とうもろこしを美味しく茹でる!水から?お湯から?その違いと保存のコツ

とうもろこし、その茹で方に秘訣あり!

とうもろこしの甘さと食感を最大限に引き出すための料理法、それは茹でること。

さて、そもそもとうもろこしを茹でる際、皆さんは「水から茹でる」派?

それとも「お湯から茹でる」派?

両者、違いはあるのでしょうか。今回、スーパーの青果担当者だったぱるとよが解説します。

記事の要約!
  1.  とうもろこしを茹でる際、水からでもお湯からでも大きな違いはない。
  2. とうもろこしの保存時には、水にさらさない、ラップで包む、早めに食べる等の注意点がある。
  3. とうもろこしは食べきれない分は冷凍保存が可能である。

では、早速紹介しますね。

茹でる、その方法と違いについて

結論から言うと、とうもろこしを茹でる際、水からでもお湯からでもどちらでも大きな違いは見られません。

水から茹でる場合、沸騰したら約3分加熱します。その一方、お湯から茹でる場合は、沸騰したお湯にとうもろこしを入れてから5分加熱します。

どちらの方法でも、シャキシャキとした食感とジューシーな味わいを楽しむことができます。

水から茹でるか、お湯から茹でるか

それでも微細な違いを求めるならば、水から茹でたとうもろこしは、粒の皮が少し柔らかい印象を受けます。

しかし、大きな違いはほとんど感じられません。そこで、茹でる際はお好みの方法を選んでいただいて大丈夫です。

ただし、水から茹でると、沸騰してからの時間が短い分、時短料理として利用できます。

茹でたとうもろこし、その保存方法と注意点

茹でたとうもろこしを保存する際のポイントをいくつか紹介します。

1. 茹でたとうもろこしは水にさらさないでください。とうもろこし自体が水っぽくなる可能性があります。

2. 粗熱が取れたら1本ずつラップで包み、冷蔵庫で保存します。

3. 加熱後のとうもろこしもまた日持ちがしづらいため、1〜2日以内に食べきるのがオススメです。

4. すぐに食べきれない場合は、芯から粒を外し、冷凍対応の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説