旬のトマトを味わう!スーパーで見つける美味しいトマトの見分け方

夏の到来とともに、トマトが美味しい時期を迎えます。

さまざまな料理に活躍するトマトは、甘さと酸味のバランスが絶妙な一品です。

特に生で楽しむなら、新鮮さが何より重要。

それならば、どうすれば美味しいトマトを見つけられるのか、解説します。

記事の要約!
  1. トマトの味の濃さはおしり部分の星型の筋を見ることで判断可能。
  2. 皮のツヤとハリからトマトの鮮度を見極められる。
  3. 丸い形のトマトを選ぶと、風味やジューシーさが保たれやすい。

では、早速紹介しますね。

見分け方その1 – トマトの形状

トマトの”おしり”を見ることです。

トマトの味の濃さを判断する上で重要なのは、このおしり部分の模様。

星型の筋が見られるトマトは、水分バランスが良く、味が濃厚なことが多いのです。

バラ売りのトマトを選ぶ時には、ぜひチェックしてみてくださいね。

見分け方その2 – 皮のツヤとハリ

次の見分け方のポイントは、皮の状態です。

新鮮なトマトの特徴は皮がハリとツヤを持っていること。

一方、古くなるとトマトの赤みが増し、皮がぶよっとしてくるため、この状態のトマトは生食よりも調理向き。

見た目で鮮度を判断しましょう。

見分け方その3 – 形状の整ったトマト

最後に、トマトの形状に目を向けてみましょう。

トマトと聞いて思い浮かべるのは丸い形ですが、角ばったのものも存在します。

角ばったトマトは風味やジューシーさが丸いものに比べて劣ることが多いので、美味しいトマトを選ぶなら、丸い形のものを選びましょう。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説