「食パン」の賢い保存方法: 室温と冷蔵庫、どちらが最適?

多くの人々が毎日食パンを楽しんでいることでしょう。

その食パンをさらに美味しく楽しむためには、正しい保存方法が欠かせません。

かつて私も「食パンは常温で保管すべきか、それとも冷蔵すべきか」という問題に頭を悩ませていました。

そこで今回は、食パンを上手に保管し、その鮮度をより長持ちさせる方法をご案内します。

この記事でわかること
  1. 正しい食パンの保存方法!(室温、冷蔵どっちがいいのか?)
  2. 食パンを冷凍するときの手順!

では早速紹介しますね。

結論:食パンは室温が最適!

結論から言えば、食パンの保存は基本的に室温が最適です!

食パンの美味しさを維持するためには、適度な湿度と温度が重要で、これらは室温で最適化されます。

冷蔵庫では寒すぎて、パンが硬くなる可能性があります。

ただし、室温保存の条件として、夏秋(5~10月)は30度、冬春(11~4月)は25度が理想的です。これ以上の温度では、食パンが期限前に悪くなる可能性もありますので、ご注意ください。

室温、冷蔵の保存方法を実際に試してみた!

それでは、室温保存と冷蔵保存、どちらが良いのか比較してみましょう。

私自身が2日間、ラップに包んだ食パンを一つは室温(25度前後)、もう一つは冷蔵庫で保管し、その違いを実際に体験してみました。

左:冷蔵庫保存(2日間)、右:室温保存(2日間)

結果としては、やはり室温で保存した方が食パンはふんわりとしており、食感も優れていました。

対して、冷蔵庫で保存した食パンは固さが増し、特にパンの端が硬くなり、私自身は室温で保存した方が好みでした。

それでも「消費期限内に全部食べきれない」とか、「室温が高すぎて適切な温度で保存できない」場合は、冷凍保存がオススメです。

冷凍保存の手順

一部のメーカーも冷凍保存を推奨しており、パッケージにそれを示している商品もあります。

冷凍保存の方法としては、まずは食パンを一枚ずつラップで包み、食品保存用の袋(冷凍に対応したもの)に入れて空気を抜き、冷凍庫に保管します。

食べるときは、冷凍したままトースターでいつもより長めに温めるだけで、美味しく頂けます。

冷凍保存を行うことで、食パンを新鮮な状態で長く保存し、無駄なく食べることができます。

ただし、冷凍保存の場合は2週間以内に食べ切ることを目安にしてください。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説