包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

あなたもピーマンの種取り作業に頭を悩ませていませんか?

包丁を一切使用せずに効率的な種の取り方をご紹介します。

この方法ならば「迅速に・見事に・容易に」種取りが可能です!

この記事でわかること
  1. ピーマンのタネを包丁を使わずに取り除く方法
  2. 洗い物が減って、家事が少し楽になる

では、早速紹介しますね。

包丁は必要なし!ただ押すだけでOK!

まずはピーマンを手にとり、頂部のヘタ部分を親指でしっかりと押し込みます。ここで、遠慮は不要です。

全力でヘタを押し込んでみてください。すると、ヘタはピーマンの内側に沈んでいくのです。

その状態で指を挿入し、種がついているヘタを引き抜くと、種が容易に取れます!

種がまだピーマン内部に残っている場合は、ピーマンを優しく叩いて、残留した種を取り出しましょう。

これで中身は キレイになります。

なぜヘタを手で取ると良いのでしょうか?

この手法は、手軽に種取りができる点だけでなく、食材の無駄遣いが少なくなるという利点もあります。

ピーマンを半分に切って種を取り出す際、ヘタ周辺の部分もついでに捨ててしまうことがよくあります。

しかし、今回紹介した方法を用いると、ヘタ周辺の部分も残るため、結果的に廃棄する部分が減ります。

おすすめの活用方法

この手法は、ピーマンの形状を最大限に活用したいレシピに適しています。

例えば、肉詰めピーマンや丸ごと煮込んだピーマンなどが挙げられます。ピーマンをそのまま使用することで、ビジュアル的にも魅力的な料理を提供できます。

もちろん、必ずしも丸ごと使用するわけではありません。種取りを行った後のピーマンを手で引き裂き、炒め物に加えてもOKです!

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説