【裏ワザ】ゆで卵を”おたま1杯の水”で作る方法!

ゆで卵は安価でタンパク質が豊富な食材として人気ですが、その調理には時間とエネルギーがかかると感じることもあるでしょう。

特に、光熱費が上がる現状では、ガスや電気代を節約したいと考える人も多いはずです。

今回、「1杯の水で簡単に作るゆで卵」のレシピをご紹介します。

この方法では、水の量が少ないために調理時間が短縮され、光熱費も節約できます。

記事の要約!
  1. おたま1杯(50cc)の水でゆで卵が簡単にできる
  2. 所要時間は約10分と短い
  3. 光熱費・時間も削減でき、しかもゆで卵もキレイにできる

では、早速紹介しますね。

1杯の水で簡単ゆで卵!調理手順

1. おたま1杯(約50cc)の水を鍋に入れます。

写真で使用した鍋は直径18cm、卵はMサイズです。

2. 卵を鍋に置きま、鍋に蓋をして、中火で加熱します。

3. 沸騰後、さらに4分間加熱して、火を止めてから5分間、蓋を開けずに置いておきます。

以上の手順で、美味しいゆで卵が作れます。

「本当にこれだけで大丈夫?」と疑われるかもしれませんが、今までの常識――卵を完全に水に沈めて調理する方法と同じでキレイなゆで卵ができますよ。

【関連記事】ゆで卵の殻をキレイに剥く方法は、こちらの記事で詳しく書いています。

完成したゆで卵の殻を剥いてみると、白身は綺麗に固まり、黄身も理想的な硬さで仕上がります。

卵の豆知識として、「赤い卵」と「白い卵」の違いはご存知ですか?知っているだけで、どっちを買うのか悩まなくても済むかもしれませんよ。

調理時間と光熱費の節約

通常のゆで卵調理法では、500mlの水で13分(沸騰5分、茹で時間8分)かかります。本レシピでは、たった10分(沸騰1分、茹で時間4分、蒸らし時間5分)で済みます。また、使用する水の量が1/10と大幅に減少するため、光熱費も抑制できます。

好みの硬さに調整する場合は、加熱時間を短縮したり延長したりしてください。

この節約と時短のレシピで、ゆで卵をもっと手軽に楽しんでください。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説