【じゃがいも】皮が「緑色」 or 「茶色」は、新鮮なのはどっち?知らないと食中毒に…なるかも。

じゃがいもは、様々な料理に使える便利な野菜です。

スーパーや青果店では、主に茶色いじゃがいもを見かけますが、時に緑色に変色したじゃがいももあります。

この違いに気づいたことはありますか?

実は、この色の違いはじゃがいもの鮮度や安全性に関わる重要なサインです。

特に緑色のじゃがいもには注意が必要です。

じゃがいもの色の違いとその意味

じゃがいもが緑色に変色するのは、光にさらされたことにより天然の毒素であるソラニンやチャコニンが増加するためです。

緑色の部分を食べると、吐き気や下痢などの症状を引き起こす可能性があります。

農林水産省も緑色のじゃがいもの摂取には注意を呼びかけています。

そのため、緑色の部分は食べずに除去し、芽が出たじゃがいもも同様に扱うことが大切です。

じゃがいもの保存方法

じゃがいもは、光が当たると緑色に変色しやすくなります。

この変色を避けるためには、新聞紙やキッチンペーパーで包んで光を遮断し、暗い場所で保存することがおすすめです。

直射日光や蛍光灯の光が当たる場所での保存は避けましょう。

茶色いじゃがいもの選び方

一般的に、茶色いじゃがいもの方が鮮度が良く、食べるのに適しています。

しかし次の点もチェックして購入してくださいね。

・芽が出ているもの

・皮が萎びているもの

それらは、茶色であっても避けるべきです。

茶色の濃さは、じゃがいもの品種や生育環境によって異なりますが、緑色でなく、芽が出ていなければ基本的に安全です。

茶色いじゃがいもを買って!

上記の情報からもわかるように、じゃがいもを選ぶ際は、茶色いものを選ぶのが良いでしょう。

緑色と茶色のじゃがいもを見比べた時には、緑色のものは避け、茶色いものを選んでください。

これにより、より新鮮で安全なじゃがいもを選ぶことができます。

まとめ

記事の要約!

– 緑色のじゃがいもは、光にさらされて毒素が増加したサインであり、食べる際は緑色の部分を取り除く。

– じゃがいもは光を避けて暗所で保存し、緑色に変色するのを防ぐ。

– 茶色いじゃがいもは、一般的に鮮度が高く、安全に食べられる。

– 茶色いじゃがいもを選ぶ際は、芽や萎びた皮がないことを確認する。

このような点を考慮して、次にじゃがいもを買うときの参考してもらえれば嬉しいです。

気になる方は、ぜひ店頭でチェックしてくださいね。

最新記事一覧

関連記事