オクラは生で食べられるの?オクラの意外な食べ方!

みなさま、オクラの季節が到来しましたね!

オクラはそのネバネバ感が魅力的で、茹でておひたしにしたり、浅漬けにしたりと色々な食べ方が楽しめます。

しかし、皆さんはオクラをそのまま生で食べられることをご存知でしょうか?

今回は、スーパーの店員だったぱるとよがオクラの生での食べ方を解説します。

記事の要約!
  1. オクラは適切な下処理を行えば、生で食べられること
  2. 生のオクラと茹でたオクラのそれぞれの特性と美味しさ
  3. オクラを生で食べるときの調理方法と味付けの例

では、早速紹介しますね。

生オクラの食べ方

オクラは茹でずとも生で食べられます。

ただし、生食する場合は適切な下処理が重要となります。

【手順】

1)オクラをまな板に置き、少量の塩を振りかけ、優しく板ずりします。

この作業でオクラの表面についている産毛を取り除きます。

2)水でしっかり洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

3)ガクを取り除き、好みのサイズに刻みます。

この下処理が終われば、あとはお好みの調味料と和えて食べるだけです。

醤油や麺つゆ、白だしといった味付けがオススメです。

生オクラと茹でオクラの違い

さて、オクラを茹でるとどう変わるのでしょう?

茹でたオクラは食感が柔らかくなり、食べやすさが一層増します。

そのため、おひたしや浅漬けにすると、より美味しさが増すことでしょう。

一方、生のオクラはシャキシャキとした食感が楽しめます。また、茹でずにそのまま食べることで、オクラ本来の味を堪能できます。

生のオクラは豆腐のトッピングや、鰹節や醤油で和えてご飯のお供としても美味しいですよ。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説