鶏の「ささみ」のスジを簡単に取る方法「3選」!

ささみは多くの家庭で愛されている食材です。

その理由として、家計に優しい価格でありながら、筋トレやダイエットを実践している人たちにとって、高たんぱくで低脂肪という特徴が挙げられます。

しかし、ささみを調理する際に避けて通れないのが、筋を取る作業です。

この筋を適切に取り除かないと、食感や味に影響が出てしまうため、正しい方法で取り除くことが大切です。

では、早速紹介しますね。

包丁でスジを取る方法

ささみは中央部分に筋が走っています。

この筋を上手に取り除くための方法として、まずは包丁を使用する方法を紹介します。

ささみの中央にある筋をしっかりと掴み、包丁を使って左右に軽く切り込みを入れます。

その後、包丁の裏側を使って筋をしっかりと引っ張ります。

この方法を使えば、筋がスムーズに取れますよ。

特に筋が滑る場合、キッチンペーパーを使って掴むことで、より効果的に筋を取ることができます。

スライサーでスジを取る方法

次に、スライサーを使用した筋取りの方法を紹介します。

筋をスライサーの刃でしっかりと挟み、引っ張るだけで筋が取れます。

ただし、この方法を使用する際には、スライサーの刃で怪我をしないように十分な注意が必要です。

また、筋だけを綺麗に取ることができる一方で、肉が崩れやすいので、取り扱いには慎重さが求められます。

フォークでスジを取る方法

包丁やスライサーの使用が得意でない方、または手軽に筋を取りたい方には、フォークを使った方法がおすすめです。

筋をしっかりと掴み、フォークの間に挟んで引っ張るだけです。

この方法も、筋が滑る場合はキッチンペーパーを使って掴むと、より効果的に筋を取ることができます。

ただし、フォークで筋を取る際には、肉が崩れやすい点に注意が必要です。

まとめ

記事の要約!
  1. ささみの筋を取る方法は、包丁、スライサー、フォークを使う
  2. それぞれの方法には特徴と注意点がありますので、自分の得意な方法や状況に合わせて選ぶことが大切です。
  3. ささみを美味しく調理するためには、筋をしっかりと取り除くことが必須です。正しい方法で筋を取り除き、美味しいささみ料理を楽しんでください。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

鶏むね肉はパックのまま冷凍はNG!正しい保存方法とは?

買った「鶏むね肉」をそのまま冷凍しないで!適切な保存方法とは?

買った「豚バラ肉」をそのまま冷凍しないで!適切な保存方法とは?

買った「豚バラ肉」をそのまま冷凍しないで!適切な保存方法とは?

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣