硬い「かぼちゃ」を簡単に切る方法と、余った「かぼちゃ」の保存方法

かぼちゃは、日本の家庭でよく使われる野菜の一つです。

特に秋になると、甘みとほっくりとした食感が楽しめます。

しかし、かぼちゃは硬いので切るのが難しいと感じる方も多いでしょう。

そこで、今回はかぼちゃの切り方と保存方法を詳しくご紹介します。

レンジで加熱で簡単に切れる!

かぼちゃを切るのは大変ですが、レンジを使えば簡単に切れます。以下の手順で試してみてください。

1. かぼちゃのワタと種をスプーンで取り除きます。大きめのスプーンを使うと取りやすいです。

2. ラップでかぼちゃをしっかりと包みます。これにより、中の水分が逃げにくくなります。

3. 電子レンジで600wで2〜3分加熱します。1分ごとにかぼちゃを上下に返して、均等に加熱するようにします。

4. 実の部分から包丁を入れ、好きな大きさに切ります。

レンジで加熱することで、かぼちゃが柔らかくなり、切りやすくなります。

余った「かぼちゃ」は冷凍保存

かぼちゃを全部使い切らない場合、冷凍保存がおすすめです。

カットしたかぼちゃを食品用の保存袋に入れ、冷凍庫で保存します。

この方法で、1ヶ月以内に食べることをおすすめします。

冷凍することで、かぼちゃを長持ちさせることができます。

かぼちゃの他の切り方

種とワタを取り除いたかぼちゃを均等にスライスする。

スライスは天ぷらやソテーを作る際に向いている切り方です。

スライスしたものを細くスティック状に切るときんぴらなどにも使えます。

調理に合わせて切り方を変えるのがオススメです。

まとめ

記事の要約!
  1. かぼちゃはレンジで加熱すると、簡単に切ることができます。
  2. 余ったかぼちゃは冷凍保存することで、長持ちさせることができます。
  3. かぼちゃの切り方は料理によって異なりますが、基本的な切り方を覚えると、さまざまな料理に応用できます。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

べちゃっとするカボチャを、ホクホクにするスゴ技!知っていると料理がワンランクアップ!

べちゃっとするカボチャを、ホクホクにするスゴ技!知っていると料理がワンランクアップ!

ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説