包丁を使わず「桃」の種を取る”裏ワザ”と「桃」の皮をツルッと剥く方法!

桃は美味しいですよね。

桃はそのままでも、桃パフェのようにアレンジしても、または他のデザートにしても楽しめます。

近年、丸ごとの桃を使用したパフェが人気を集めていますが、種がきれいに取り除かれているのを見て、不思議に思ったことはありませんか?

今回は、以前スーパーで働いていた私が、桃の種の取り方、皮をツルッと剥く方法についてご紹介します。

桃の種はキッチンバサミで取る!

キッチンバサミを使って桃の種を簡単に取り出しましょう!

種を丸ごと取り出すのに、キッチンバサミは非常に便利です。

【手順】

1)桃のおしりの部分にキッチンバサミを差し込み、種と果肉を切り離します。

2)種をキッチンバサミで掴み、捻りながら引き抜きます。

種を取り出す際、種に近い部分で切り込むと、果肉が種に付かないようにできます。これで果肉の無駄が減りますね!

桃の皮は湯むきでつるんとキレイに!

桃の皮をツルッと剥くための湯むきテクニックをご紹介します!

桃の皮の剥きやすさは品種により異なります。剥きやすいものはそのまま皮を剥いてしまって大丈夫ですが、剥きにくいものは湯むきがおすすめです。

湯むきの手順は以下の通りです。

1. 沸騰したお湯に桃を20秒間浸します。

2. すぐに氷水に移して、表面温度を急速に下げます。

3. 冷えたら、皮を剥いてみてください。驚くほど綺麗に、薄く剥けるでしょう。

湯むきに抵抗があるかもしれませんが、20秒では桃は中まで火が通らないので、フレッシュな味を楽しむことができます。

皮を剥いた桃は、種の部分にカスタードクリームや生クリームを詰めてタルトにしたり、パフェにアレンジしても美味しくいただけます。

おうちで本格的な桃スイーツをお楽しみください!

まとめ

記事の要約!
  1. チェックポイント1:キッチンバサミを使い桃の種を簡単に取り出す。種に近い部分で切り込むと果肉の無駄が減る。
  2. チェックポイント2:湯むきで桃の皮を薄くキレイに剥く。沸騰したお湯に20秒浸し、氷水で冷やすと皮が薄く剥ける。
  3. チェックポイント3:湯むき後の桃はフレッシュな味が楽しめ、スイーツにアレンジ可能。カスタードや生クリームを詰めてタルトやパフェにも。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説