室温で保存はNG!「いちじく」を美味しく保存する方法!元スーパーの店員が解説

いちじくはとろっとした食感、甘み、風味が魅力で、多くの人に愛されている果物です。

しかしいちじくは傷みやすい性質を持っています。

保存方法を間違えると、あっという間に傷んでしまうこともあります。

今回は、スーパーで青果部門に勤務していた私が、いちじくを長持ちさせるために避けるべき3つの保存方法と、私が実際に行なっている保存方法をご紹介します。

NGな保存方法1:室温保存は傷みやすい

いちじくは皮が薄く、水分が豊富なため、りんごや梨に比べて非常に傷みやすいです。

特に暖かい環境では、冷蔵保存をし、室温での保管は避けるべきです。

冷蔵庫に入れることで、いちじくの鮮度を保つことができます。

NGな保存方法2:パックのまま保存もおすすめしない

スーパーで手に入れたいちじくは、多くの場合パック入りで販売されています。

そのままの状態で保存することはお勧めしません。

いちじくが互いに重なったり、パックの底に触れたりすると傷んでしまう可能性があります。

桃などと異なり、いちじくはフルーツキャップで保護されていないため、保存時には特に注意が必要です。

NGな保存方法3:洗ってから保存するとカビが生えることも!

いちじくを洗った後に保存すると、カビが生えやすくなり、傷みやすくなります。

洗ったいちじくには水滴が残り、その水滴が果物の開いている先端から浸透してしまいます。

一度水が内部に入ると、表面を拭いただけでは完全に水分を取り除くことはできません。

そのため、いちじくを洗うのは食べる直前がオススメ。

私のおすすめの保存方法は?

おすすめのいちじくの保存方法をご紹介します。

1)いちじくの表面に水分がある場合は、キッチンペーパーでしっかり拭き取りましょう。

2)いちじくを1個ずつラップで包んでください。

3)保存容器やタッパーに入れ、いちじくが重ならないようにおいて下さい。

いちじくは追熟しないため、購入後は早めに食べることをお勧めします。

購入した当日や翌日に食べるのが良いです。

もし食べきれない場合は、カットして冷凍保存もオススメ。

半解凍の状態で食べると、シャーベットのような食感で楽しめますよ。

まとめ

記事の要約!
  1. NG保存方法1:いちじくは室温保存がNG。暖かい環境では傷みやすいため冷蔵保存を推奨。
  2. NG保存方法2:パック入りのままの保存は避ける。いちじくが重なると傷む可能性あり。
  3. NG保存方法3:洗った後の保存はカビの原因。洗うのは食べる直前が良い。
  4. おすすめ保存方法:水分を拭き取り、1個ずつラップで包む。重ならないよう容器に入れる。早めに食べ切る。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説