冷蔵庫で保存はNG!「桃」を美味しく保存する方法!元スーパーの店員が解説

「桃」は夏の象徴的なフルーツですね。

私が以前スーパーで青果部門を担当していた時、この季節になると「桃を冷蔵庫で保存すると長持ちするのか?」という疑問をお客様から頻繁に耳にしました。

意外かもしれませんが、私の回答は「冷蔵保存はお勧めできません」でした。

その理由と適切な保存方法について、以下で詳しく説明いたします。

冷蔵保存が桃に適していない理由は何か?

1.味が落ちることも!

桃を過度に冷やすと、甘さが感じにくくなります。桃の風味は主に糖分に由来しており、これが豊富にあることが桃の大きな魅力です。

しかし、冷蔵するとこの甘さが際立たなくなり、結果として桃の美味しさや魅力が損なわれてしまいます。

2.熟成が止まってしまう。

桃は熟成を続ける果物で、冷蔵庫に保存すると熟成プロセスが遅れることがあります。

これが桃の風味や食感に影響を与え、美味しさが減少することもあります。

ただし、桃を冷蔵庫に入れてはいけないわけではありません。

食べる直前の2〜3時間であれば、冷蔵庫で冷やしても問題ありません。

この時間帯で冷やすと、桃の果肉が適度に冷え、食感が室温時よりも引き締まります。

桃をより美味しく味わいたい方は、食べる直前に冷蔵庫で冷やすことをお勧めします!

桃の正しい保存方法!

1. 常温での保存

  常温で桃を保存しましょう。冷蔵庫に保存すると桃の甘さが減少し、美味しさが損なわれる可能性があります。

2. 直射日光と湿度を避ける

桃を保存する際は、直射日光や湿度の高い場所を避け、通気性が良いところで保管することが重要です。

また、エアコンや扇風機の直接の風を避けて、桃が乾燥しないよう注意しましょう。

3. 他の果物とは別に保存

桃はエチレンガスを発生させるため、他の果物と一緒に置くと、他の果物が過熟してしまう可能性があります。

熟度を進めたくないフルーツとは距離を置いて保存しましょう。

4. 食べる直前に冷やす

食べる直前に桃を冷蔵庫で軽く冷やすと、食感が良くなり、より美味しく味わえます。

ただし、冷蔵庫に入れるのは食べる直前に限定し、長時間の冷蔵は避けてください。

まとめ

記事の要約!
  1. ポイント1:冷蔵注意:冷蔵庫では桃の甘さを感じずらくなり、美味しさが減ってしまいます。ただし、食べる直前の2~3時間冷蔵は可。
  2. ポイント2:保存環境:常温、直射日光を避け、低い湿度の場所で保存。直風を避け、他の果物とは別に保管。
  3. ポイント3:食前冷蔵: 食べる直前に短時間冷蔵で、食感と風味を向上する。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説