【柿の保存】おいしく・鮮度よく・長く保存する方法!冷蔵・冷凍保存も紹介

柿の保存方法は、熟し具合によって異なります。

硬くてまだ熟していない柿は常温保存が適しています。

一方、熟して食べごろになった柿は冷蔵庫での保存をお勧めします。

重要な保存テクニックの一つは、「柿のヘタを乾燥から守る」ことです。

これにより、柿の新鮮さを保持することが可能です。

常温での保存

1. 柿のヘタが下になるように保存袋(ポリ袋など)に入れます。

2. 袋の口を締め、20℃程度の風通しの良い場所で保存します。

食べ頃になったら、食べてもOKですし、もう少し伸ばしたい場合は、冷蔵庫で保管してもOKです。

熟していない硬い柿は、常温での保存により熟成します。

ヘタを下にすることで呼吸が抑制され、新鮮さが長続きします。

直射日光を避け、風通しの良い場所で保存してくださいね。

冷蔵保存(野菜室)

1. キッチンペーパーを水で湿らせ、ヘタのサイズにカットして被せます。

2. ヘタを下にして保存袋(ポリ袋など)に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。

柿は低温で保存することで熟成が遅くなり、食べごろを長く楽しめます。

冷蔵庫で保存しても鮮度の悪い柿を購入してしまうと、どうしても長持ちしません。

ハズレの「柿」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

冷凍保存

好みの熟し加減になってから、すぐ食べきれない場合は冷凍するのがおすすめ!

1)好みの熟度の柿を用意します。

2)皮を剥いて、好みのサイズにカットします。

3)食品用保存袋(冷凍対応)に入れて冷凍庫へ。

皮を剥いてカットして食品用保存袋(冷凍対応)に入れるだけで冷凍できるので簡単です。

包丁で柿の皮を剥くのが苦手な方は、包丁を使わない方法を試してくださいね。

包丁不要!柿の皮を薄く剥く裏ワザ!誰でも簡単にできる方法

冷凍柿の食べ方

半解凍でおやつとして楽しむことができます。

今回は8等分にカットしましたが、もっと小さく切って食品用保存袋(冷凍対応)で冷凍し、ヨーグルトのトッピングやアイスティーへ入れても美味しいですよ。

柿の風味がドリンクに移り、風味豊かな一品となります。

まとめ

記事の要約!
  1. 保存のコツ:ヘタの乾燥防止が鮮度保持のポイント
  2. 常温保存方法:ポリ袋に入れ、ヘタを下にして20℃前後の場所で保存。
  3. 冷蔵保存方法:湿らせたキッチンペーパーをヘタに被せ、袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。
  4. 冷凍保存方法:皮を剥き、適切サイズにカットして冷凍。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

ハズレの「りんご」を買わない選び方。たった3つのコツを解説

【りんごの保存】美味しく、長く保存させる方法!1ヶ月も長持ちする方法も紹介【室温・冷蔵・冷凍】

「りんご」包丁を使わずに皮を薄く剥く方法!

「大きいみかん」or「小さいみかん」、どっちが甘い?どっちがお得感があるの?元スーパーの店員が解説

ハズレのみかんを買わない選び方!3つのコツを解説!意外と知らない「みかん」の豆知識

【みかんの保存】おいしく、鮮度よく長持ちさせる方法!元スーパーの店員が解説