「きゅうり」のNGな保存方法3つ!正しい保存方法も紹介

夏の到来と共に、きゅうりがひんやりと美味しくなってきました。

塩をつけてガブリとかじる、そのシャキシャキとした食感と冷たさがまさに夏の楽しみです。

しかし、そんなきゅうりをみなさんはどのように保存していますか?

意外と知られていない、きゅうりの正しい保存法を、今回は元スーパー店員だったぱるとよが解説します。

記事の要約!
  1. きゅうりの保存には水分と乾燥を避けることが重要である。
  2. 室温、野菜室直置き、ビニール袋入れのまま保存はきゅうりの鮮度を落とす。
  3. キッチンペーパーで包み、袋に入れて野菜室で立てて保存することがベストな方法である。

では、早速紹介しますね。

誤った保存法その1 – 室温保管

まず、きゅうりをそのまま室温で保存すると、暑さであっという間に傷んでしまいます。

スーパーではよく売れるため室温で置かれていますが、自宅での保存は別。

購入後はすぐに野菜室へと移動させましょう。

誤った保存法その2 – 野菜室へのじか置き

次に、きゅうりをはだかのまま冷蔵庫の野菜室に入れていませんか?

これは乾燥しやすい野菜室では、きゅうりが1日でシナシナになってしまう原因になります。

誤った保存法その3 – ビニール袋入れのまま保管

そして最後に、袋入りのきゅうりをそのまま野菜室に入れるのも厳禁。

ポリ袋だけでは、袋に中にはきゅうりが傷む原因となる水分が溜まってしまいます。

正しいきゅうりの保存法

では、どうすればきゅうりは鮮度を保てるのでしょうか。

答えは水分と乾燥を避けること。

【手順】

1)水分がついていたら、きゅうりをキッチンペーパーで拭き取ります。

2)新しいキッチンペーパーを使ってきゅうりを1本ずつ包み、ポリ袋に入れます。

3)その袋を野菜室で立てて保存します。

キッチンペーパーが余分な水分を吸収し、ポリ袋で乾燥を防ぎます。

さらに、野菜室で立てて保存することで、栽培時の状態を再現し鮮度を保ちます。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説