「早く知りたかった」キャベツは”芯の大きさをチェックして!!”元スーパーの店員からのお願い【そのワケとは】

キャベツは一年中スーパーで見かける食材です。

特に春には柔らかくて軽いキャベツが適している一方、冬には重くて葉が密に詰まったキャベツがおすすめです。

外見と価格が同じでも、重さがあるキャベツは実際に食べられる部分が多く、コストパフォーマンスが良いです。これは、100グラム当たりの価格が低くなるためです。

しかし、実際にキャベツを選ぶときには、重量の違いを見分けるのは難しいかもしれません。

そこで、重さが判断しにくい時に役立つ、選び方のポイントを2つ紹介します。

中心の「芯」のサイズ

まるごとのキャベツを選ぶときは、中心部にある硬い「芯」のサイズに注目してください。

芯の大きさは、五百円玉ぐらいがいいとされています。

もし二つのキャベツが同じ大きさなら、芯が小さい方が可食部が増えますよ。

カットキャベツは、次のように芯の大きさが一目でわかります。

左側:芯が小さい(短い)、右側:芯が大きい(長い)

キャベツの芯は食べない方が多いと思います。

大きい芯を持つキャベツは食べられる部分が少なくなります。

葉の巻き具合もチェック

カットされたキャベツを選ぶときは、葉がぎゅっと密に詰まっているものを探します。

例えば、同じ価格で売られているカットキャベツを比較した場合、葉が密に巻かれたキャベツは、葉の間に隙間があるものよりも重量があります。

実際に、葉が密に巻かれたキャベツは、隙間があるものよりも重いことが多いです。

このことから、葉の巻き具合を確認することが大切です。

また、可能ならば、小さい芯を持つキャベツを選ぶと、より多くの食べられる部分を得られます。

ただし、春キャベツは葉の巻きが緩い方が美味しいとされています。ただし、100gあたりの単価を下げたい時は、葉がしっかりと巻いた方をチョイスして下さいね。

まとめ

記事の要約!

・中心の「芯」が小さいキャベツを選ぶことをおすすめします。

・カットキャベツは、葉が密に詰まっているものを選んでください。

・小さい芯と密に巻かれた葉を選ぶと、食べられる部分が多くなり、経済的にも得です。

キャベツの購入を検討する際は、これらのポイントを参考にしてください。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説