ハズレの「キウイ」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

キウイは年中出回っているフルーツの1つですよね。

暖かい季節になると、キウイのさわやかな酸味が特に心地良く感じられます。

しかし、キウイの選び方は意外と難しいもの。

一見おいしそうに見えても、食べてみると期待外れだったという経験はありませんか?

そこでこの記事では、元スーパー店員の私が、そんなハズレキウイを避けるための3つのポイントをお伝えします。

ハズレのキウイその1:柔らか過ぎる

第1のポイントは「適切な柔らかさ」です。適度な柔らかさを持つキウイを選びましょう。

なぜなら、柔らかすぎるキウイは過熟している可能性が高いからです。

過熟したキウイは発酵したような味が出てしまい、望んでいる風味を楽しめません。

適切な熟度のキウイは程よい弾力感があります。

それを確かめるためには、キウイを手にとって優しく触れてみるとわかりますよ。

ハズレのキウイその2:皮にシワがよっている

第2のポイントは「皮の状態を確認する」ことです。

皮にシワや凹凸が多いキウイは避けましょう。

シワのある皮は、キウイが古い可能性があります。

古いキウイは水分が抜けて、そのジューシーな部分が失われてしまいます。

また、酸味も抜けて味がボケていることもあります。

しかし、シワのある皮のキウイを買ってしまった場合でも、ジャムやスムージーとして利用するという方法もあります。

熟したらすぐに食べるか、皮を剥いてカットし、保存袋に入れて冷凍することで、1ヶ月間の保存が可能です。(包丁で皮を剥くのが苦手な方は、包丁を使わず剥く方法をこちらの記事で紹介しています。)

ハズレのキウイその3:硬すぎる(すぐ食べる場合)

第3のポイントは「硬すぎないキウイを選ぶ」ことです。

特に、購入後すぐに食べたい場合は注意が必要です。

硬いキウイは酸っぱさが際立ち、甘みがまだ十分に出ていないことが多いです。

しかし、硬いキウイも捨てることはありません。室温で保存すれば、適度な熟度になります。

更に、りんごやバナナと一緒に袋に入れて保存すると、これらの果物が出すエチレンガスの作用で、キウイも早く熟します。

キウイを間違った方法で保存するとすぐに傷むことがあります。

やりがちなキウイの間違った保存とは?正しい保存方法を解説!

まとめ

記事の要約!
  1.  適度な柔らかさのキウイを選ぶ
  2. シワのない皮のキウイを選ぶ
  3. すぐ食べるなら硬すぎないキウイを選ぶ
  4. 過熟したキウイや古いキウイはジャム作りに利用
  5. 硬いキウイはりんごやバナナと一緒に保存して追熟させる

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

ハズレの「りんご」を買わない選び方。たった3つのコツを解説

【りんごの保存】美味しく、長く保存させる方法!1ヶ月も長持ちする方法も紹介【室温・冷蔵・冷凍】

「りんご」包丁を使わずに皮を薄く剥く方法!

「大きいみかん」or「小さいみかん」、どっちが甘い?どっちがお得感があるの?元スーパーの店員が解説

ハズレのみかんを買わない選び方!3つのコツを解説!意外と知らない「みかん」の豆知識

【みかんの保存】おいしく、鮮度よく長持ちさせる方法!元スーパーの店員が解説

ハズレの「柿」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

包丁不要!柿の皮を薄く剥く裏ワザ!誰でも簡単にできる方法

【柿の保存】おいしく・鮮度よく・長く保存する方法!冷蔵・冷凍保存も紹介