ハズレの「いちご」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

いちごを買うときはどこをみて購入を決めますか?

いちごはお手頃な価格の果物ではありませんので、皆さんも高品質ないちごを求めていることでしょう。

不運にも傷んだいちごを選んでしまうと、その高価な出費が無駄に感じてしまうかもしれません。

これを避けるため、いちごの鮮度を確認する際の重要なポイントをご紹介します。

今回ご紹介するのは、私が以前スーパーで働いていた時に実践していた、いちごの鮮度チェック方法です。これらの方法を使用することで、ハズレのいちごを買わない選び方が分かりますよ。

1. パックの裏側をチェックする

いちごが傷んでくると、果物自体が柔らかくなり、重さにより果汁がパックの底にたまります。

したがって、パックの裏側をチェックして果汁が出ていないかを確認することが重要です。

確認の方法としては、パックを上から見下ろすだけではなく、横からや裏を見ていちごが潰れていないかをチェックしましょう。

パックの底を見る際には、片手でサイドを持ち上げるのではなく、両手で対角線上の端を持ち上げて確認しましょう。

これにより、いちごを傷めずに確認することができます。

2. いちごの葉っぱをチェックする。

良いいちごの葉っぱは、濃い緑色でハリがあります。

古いいちごの葉っぱは、色が薄れ、黄色っぽく変色しています。

葉っぱがみずみずしく、鮮やかな緑色をしているいちごを選ぶと良いでしょう。

3. 果肉の質を確認する

鮮度が高いいちごは、果肉が艶やかで、みずみずしくて弾力があります。

鮮度が落ちると、ハリとツヤがなくなり、果肉の先端から傷んできます。

艶があり、形がしっかりとしているいちごを選びましょう。

これらのポイントを押さえたうえで、皆さんも最高のいちごを選んでください。いちごの鮮度チェックには少し時間がかかるかもしれませんが、チェックする価値は十分にあるはずです。

鮮度の良い美味しいいちごを購入しても保存方法を間違ってしまうと残念ですよね。

「いちご」はパックのまま冷蔵庫で保存はNG!「いちご」が美味しく長持ちする保存方法

まとめ

記事の要約!
  1. いちごのパックの裏側を確認し、果汁が底に溜まっていないことを確認する。
  2. いちごの葉っぱの色と質を確認し、緑色が濃く、みずみずしいものを選ぶ。
  3. いちごの果肉をチェックして、艶やかで弾力があり、ハリのあるものを選ぶ。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

いちごは、「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

ハズレの「りんご」を買わない選び方。たった3つのコツを解説

【りんごの保存】美味しく、長く保存させる方法!1ヶ月も長持ちする方法も紹介【室温・冷蔵・冷凍】

「りんご」包丁を使わずに皮を薄く剥く方法!

「大きいみかん」or「小さいみかん」、どっちが甘い?どっちがお得感があるの?元スーパーの店員が解説

ハズレのみかんを買わない選び方!3つのコツを解説!意外と知らない「みかん」の豆知識

【みかんの保存】おいしく、鮮度よく長持ちさせる方法!元スーパーの店員が解説

ハズレの「柿」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

包丁不要!柿の皮を薄く剥く裏ワザ!誰でも簡単にできる方法

【柿の保存】おいしく・鮮度よく・長く保存する方法!冷蔵・冷凍保存も紹介