甘いスイカを選ぶ!たった2つのコツ(カットスイカ編)

気温が30度を越えると、自然とスイカが食べたくなるものですよね。

私が以前スーパーで働いていたときも、高温日は切り分けられたスイカが特によく売れ、頻繁に新たに切り分けることがありました。

でも、スイカを選ぶ際、皆さんは何を基準にしていますか?

楽しみにしていたスイカが甘くなかったら、とても残念ですよね。

そこで、私のスーパー勤務経験を活かして、「カットスイカ」の選び方をご紹介したいと思います。

この記事でわかること
  1. 甘いスイカを選ぶ方法
  2. ハズレのスイカを引かない選び方

では、早速紹介しますね。

カットスイカの選び方・ポイント1:糖度の確認

スイカの美味しさを左右するのは食感や冷たさもありますが、何と言っても甘さが重要です。

皆さんは糖度を見て選んでいますか?

すべてのお店が糖度の表示をしているわけではありませんが、表示がある場合は、糖度が高いものを選ぶことをおすすめします。

糖度が11度以上あれば十分美味しく感じられますが、中には13度以上のものもあります。

13度以上のスイカがあれば、その甘さと味わいを堪能するためにも、ぜひ選んでみてください。

その水分のバランスと甘さの強さは、価格が若干高くても人気があり、よく売れていました。

カットスイカの選び方・ポイント2:種の確認

カットスイカの利点は、内部を直接確認できることです。ここでチェックしたいのが種の色と形状です。

完熟したスイカは、種が太くて黒い色をしています。

このような種が黒く太っているスイカは、味がしっかりしていることが多いです。

逆に、種が白っぽいスイカはまだ完全には熟していない可能性があります。黒い種のスイカを選ぶことをおすすめします。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説