ブロッコリーの茎に穴が!これって食べても良いの?ダメなの?意外と知らない野菜の常識

ブロッコリーは家庭料理によく用いられる野菜です。

選ぶ際、見た目だけでなく、品質にも注意が必要です。

特に茎の部分は、その状態が品質を示す重要なポイントになります。

ちなみに、ブロッコリーは茎の部分に穴があくことも!これって食べられるのか悩んだことある方も多いのではないでしょうか?

今回は、その疑問にお答えしたいと思います。

茎に穴があっても大丈夫!

ブロッコリーの茎に時々見られる穴、これは成長過程で自然にできることがあります。

茎に穴があってもブロッコリーは食べられますので、安心してください。茎は捨てがちですが、実は甘みがあり、料理に利用すると美味しいです。

茹でて花蕾と一緒に食べるのはもちろん、揚げ物にしても楽しめます。

茎に穴があるブロッコリーの取り扱い

茎に穴があると、食べられる部分が少なくなる可能性があります。

穴がないものを選ぶと、茎も十分に楽しめるでしょう。茎は食べられる部分が多いほどお得です。

穴がある部分は削り取るか、気にならなければそのまま利用できます。

茎に穴が開く理由

ブロッコリーの茎に穴が開くのは、急激な成長が原因の一つです。病気ではないので、安心して食べて大丈夫です。

ただし、穴がある部分は削り取って使用すると良いですよ。

購入したブロッコリーの茎を切ると、穴の深さや位置が確認できます。

まとめ

記事の要約!

– 茎を含めて食べる場合は、穴がないブロッコリーを選ぶと良い。

– 茎に穴があっても食べられるが、穴のある部分は削り取ることをおすすめする。

茎に穴が開くのは成長過程で自然に起こることであり、食べるのに問題はない。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説