意外と知らない”舞茸のおいしい食べ方”【材料4つ】手軽に作れて激うま!

舞茸は、日本の食卓に欠かせない食材の一つです。

その舞茸を使った、ちょっと変わった副菜をご紹介します。それが「舞茸のカリカリ揚げ焼き」です。

この料理は、舞茸の持つ自然な旨味を活かし、外はカリカリとした食感と舞茸の風味を楽しめる一品となっています。

味付けは、岩塩だけとシンプル!素材の味を最大限に引き出しています。

「おかず」や「おつまみ」としても活用できますよ。

手軽に作れて素材の味を活かした料理ですので、ぜひ一度お試しいただければと思います。

舞茸のカリカリ揚げ焼き

茸のカリカリ揚げ焼きは、舞茸の旨味を引き出し、カリカリとした食感が楽しめる一品です。

材料

– 舞茸:1株(100g)

– 片栗粉:大さじ2

– 岩塩:適量

– 油:適量

作り方

1. 舞茸を好みの大きさに分ける。

2. ポリ袋に舞茸と片栗粉を入れ、しっかりとまぶす。

3. 少量の油で揚げ焼きする。

4. 表面がカリカリになったら、岩塩を振って完成。

味わい

舞茸のカリカリとした食感と豊かな香りが楽しめます。

岩塩のほんのりとした塩加減が、舞茸の味わいを引き締めます。

コツ、注意点

– 舞茸の石づきは取り除く。

– 汚れが気になる場合は、水で洗わずキッチンペーパーで拭き取る。

– 揚げ焼きの際は、箸であまり触らない。

– 片栗粉をまぶす際は、ポリ袋を使用すると便利。

まとめ

記事の要約!
  1. 舞茸のカリカリ揚げ焼きは簡単に作れる。
  2. 片栗粉をまぶすことでカリカリの食感が楽しめる。
  3. 岩塩だけでシンプルな味付け。

このレシピを試して、舞茸の新しい食べ方を楽しんでみてください。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

きのこは洗う?洗わない?どっちが正解?元スーパーの店員が解説!

きのこは洗う?洗わない?どっちが正解?元スーパーの店員が解説!

エリンギの石づきはどう切るの?切る必要があるの?元スーパーの店員が解説

エリンギの石づきはどう切るの?切る必要があるの?元スーパーの店員が解説

買ったまま「エリンギ」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

買ったまま「エリンギ」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

ハズレのエリンギを買わない選び方!野菜のプロが解説!

ハズレのエリンギを買わない選び方!3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

エリンギは「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

エリンギは「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

椎茸は「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?

椎茸は「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?

ハズレの椎茸を買わない選び方!野菜のプロが解説!

ハズレの椎茸を買わない選び方!野菜のプロが解説!

買ったまま「椎茸」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

買ったまま「椎茸」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】