「早く教えてよ」トースターを使わず「食パン」をカリッと焼く”意外な方法”とは?

朝ごはんに欠かせない食パンを、フライパン一つで美味しく焼く方法をご紹介します。

フライパンを使えば、キッチンにトースターやオーブンがなくても大丈夫です。

ただし、フライパンでの焼き方にはコツがあり、注意が必要です。

うまく焼けば、内側はふわふわ、外側はカリカリに仕上がります。

フライパンを使った食パンの焼き方

1. フライパンにバター5gを入れ、6枚切りの食パン1枚分を準備します。

2. フライパンでバターを溶かします。

3. 溶けたバターの上に食パンを置き、弱火でじっくりと両面を焼きます。

4. 両面を何度もひっくり返し、焦がさないように注意しながら焼きます。

5. 焼き色がついたら完成です。中弱火で約4分が目安です。

焼く際のポイントと注意事項

– バターはしっかりと溶かしてから食パンを乗せることが大切です。

– 片面だけを焼き続けると焦げやすいので、何度もひっくり返しながら均等に焼きます。

バターが溶け残っていると焼きムラになるので、バターは完全に溶かすようにします。

フライパンで焼いた食パンの特徴

フライパンで焼くと、内側はもっちりしっとり、外側はパリッとします。

トースターで焼くよりも中のもっちり感が際立ちます。

焼き過ぎに注意し、じっくりと弱火で焼くことで、中はしっとり仕上がります。

グラニュー糖をまぶして焼くと、甘いスイーツパンにもなりますし、具材を挟んで焼けばホットサンドも作れます。

まとめ

記事の要約!

– フライパンで簡単に美味しいトーストを作ることができます。

– 6枚切り食パン1枚にバター5gを使用し、弱火でじっくりと焼きます。

– バターはしっかりと溶かし、均等に焼き色をつけましょう。

フライパンで焼いたトーストは、トースター使用時と比べてもっちりとした食感が楽しめます。蜂蜜やグラニュー糖で味の変化も楽しめます。

気になる方は、ぜひ試して下さいね。

関連記事

「早く知りたかった」飲み切った牛乳パック”意外な活用法”「今まで存してた」「すぐに試してみたい」

「早く知りたかった」包丁の切れ味が復活する裏ワザ「試してみたい」

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?

水筒の洗い方!頑固な”茶渋・水アカ”を簡単に落とす方法!

「捨てないで」みかんの皮の”意外な活用方法”とは?

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」珈琲カスの意外な活用方法とは?

「捨てないで」ティーパックの”意外な活用法”とは?