「捨てるのはやめて」ジャムの空き瓶”意外な活用法”「早く知りたかった」

ジャムの空き瓶を捨てる前に、その再利用価値について一度考えてみませんか?

キッチンにある様々なものの中で、特にジャムの空き瓶はその再利用の可能性が高いアイテムの一つです。

多くの家庭で、ジャムを使い終わった後の瓶は単にリサイクルに出されがちですが、この瓶が実は非常に便利な保存容器に変わることをご存知でしょうか。

食材を新鮮に保つための容器として、またはキッチンの整理整頓を助ける道具として、空き瓶を活用する方法は多岐にわたります。

片栗粉を入れると便利!

今回は、そんなジャムの空き瓶を活用する一例として、片栗粉の保存法をご紹介します。

通常、片栗粉は開封後の保存が難しく、取り扱いにも少々不便を感じることがあります。

袋から直接取り出そうとすると粉が舞い上がったり、計量時には手が汚れてしまうことも。

これらの小さな不便を解消し、さらにキッチンをすっきりと保つために、ジャムの空き瓶を上手に利用する方法を紹介します。

準備するもの

– ジャムの空き瓶とフタ

– 片栗粉

手順

1. ジャムの空き瓶とフタをきれいに洗い、完全に乾燥させます。

2. 片栗粉をジャムの空き瓶に入れ、フタをします。

3. 保存場所に置いておきます。

これで、片栗粉の取り出しやすさと見た目の確認が容易になります。

コツ・注意点

– 空き瓶やフタにジャムの残りがないか確認し、カビや雑菌の繁殖を防ぐためにしっかり洗いましょう。

– 片栗粉は湿気を吸いやすいので、冷蔵庫で保存する場合は、使用後はすぐに冷蔵庫に戻しましょう。

数回使用した後は、瓶を再度洗って乾燥させることで、衛生的に長く利用できます。

まとめ

記事の要約!

– ジャムの空き瓶は片栗粉の保存に最適で、手を汚さずに済み、残量も一目で確認できます。

– 衛生的に利用するためには、瓶の清潔さを保つことが重要です。

湿気を避け、定期的な洗浄と乾燥が必要です。

ジャムの空き瓶をこのように活用することで、キッチンの整理整頓がしやすくなり、食材の扱いもより便利になります。

環境にも優しく、経済的なこの方法をぜひ試してみてください。

関連記事

節約上手があえて手を出さない3つの節約法「時間はお金より貴重」【5人家族・収入の3割を貯金する達人に学ぶ】

「捨てないで」飲み切った”2Lのペットボトル”の活用法「早く知りたかった」簡単で意外な裏ワザとは?【節約術】

「捨てるのはもったいない」アーモンドチョコの空き箱”意外な活用法”「早く知りたかった」「すぐに試してみたい」

「早く知りたかった」飲み切った牛乳パック”意外な活用法”「今まで捨ててた」「すぐに試してみたい」

「捨てるのはもったいない」ラップの芯”意外な活用法”「早く知りたかった」「すぐに試してみたい」

「早く知りたかった」包丁の切れ味が復活する裏ワザ「試してみたい」

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?

水筒の洗い方!頑固な”茶渋・水アカ”を簡単に落とす方法!

「捨てないで」みかんの皮の”意外な活用方法”とは?

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」珈琲カスの意外な活用方法とは?

「捨てないで」ティーパックの”意外な活用法”とは?