いちごは、「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

いちごの季節が到来しました。

いちご、食べてますか?

そのまま食べたり、デザートに使ったりと、活用方法は多彩です。

ところで皆さんは、いちごを洗う派ですか、それとも洗わない派ですか?

今回は、元スーパーの青果部門で働いていた私がいちごの「洗う・洗わない」について詳しく解説します。

いちごは、洗って!その理由とは?

いちごは温室栽培(ハウス栽培)で作られていることが多いのです。

そのため、洗わずに使っても問題ないのではと思う方もいるでしょう。

しかし、もやしやキノコなどの工場のようなキレイな環境で栽培されているわけではありません。

そのため、いちごの表面にはチリやホコリなどが付いていることもあります。

また、いちごのパックの両側は、開いているので流通過程(市場・小売店)で汚れが付着することもあります。

そこで、食べる前に洗うことをオススメします。

ただし、洗い方によっては、いちごの甘みを損なうことにもなりますので注意が必要です。

いちごは洗うのは分かったけど、美味しい「いちご」はどう選べば良いのか?疑問に思いませんか?

葉っぱを取ってから洗う?取らずに洗う?

いちごは非常にデリケートな果物です。

そのため、食べる直前に洗ってから葉っぱを取り除くことが最良の方法です。

葉っぱを先に取り除いてから洗うと、切り口から水溶性のビタミンが流れ出てしまうと言われています。

いちごの洗い方!

1)いちごは傷みやすいので、一つ一つ手を使って優しく洗うことが重要です。

2)葉っぱと果肉の間には汚れが溜まりやすいので、葉っぱを持ち上げてその隙間をきれいに洗いましょう。

3)水分が残っているといちごが傷んでしまう原因となりますので、キッチンペーパーを使ってしっかりと水分を拭き取ることが必要です。

水気が残っていると味も薄く感じられることがありますので、しっかりと拭き取ることをお勧めします。

いちごは、洗った後に冷蔵庫で保存はしないでくださいね。すぐに食べられるのをおすすめします。洗う前の保存方法を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

まとめ

記事の要約!
  1. いちごを洗う理由: 温室栽培でも表面に汚れが付くことがあり、洗うのがオススメ。
  2. 洗い方の注意: いちごはデリケート。食べる直前に洗い、葉を取り除く。
  3. 洗い方のポイント: 手で優しく洗い、葉と果肉の間を洗う。水分はしっかり拭き取る。

気になる方は、ぜひ試して下さいね。

関連記事(食材の豆知識)

ハズレの「いちご」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

「いちご」はパックのまま冷蔵庫で保存はNG!「いちご」が美味しく長持ちする保存方法

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

ハズレの「りんご」を買わない選び方。たった3つのコツを解説

【りんごの保存】美味しく、長く保存させる方法!1ヶ月も長持ちする方法も紹介【室温・冷蔵・冷凍】

「りんご」包丁を使わずに皮を薄く剥く方法!

「大きいみかん」or「小さいみかん」、どっちが甘い?どっちがお得感があるの?元スーパーの店員が解説

ハズレのみかんを買わない選び方!3つのコツを解説!意外と知らない「みかん」の豆知識

【みかんの保存】おいしく、鮮度よく長持ちさせる方法!元スーパーの店員が解説

ハズレの「柿」を買わない選び方!たった3つのコツを解説

包丁不要!柿の皮を薄く剥く裏ワザ!誰でも簡単にできる方法

【柿の保存】おいしく・鮮度よく・長く保存する方法!冷蔵・冷凍保存も紹介