意外と知らない”さつまいも”の美味しい食べ方!材料は4つとシンプルだけど激うま!

さつまいもといったら大学芋!今回ご紹介するのは、大学芋と同じような材料ですが、砂糖を絡めるときに工夫をするだけで雪を纏ったようなさつまいものお菓子ができます。

このレシピはさつまいもの自然な甘さが引き立ち、シンプルながら格別な味わいを楽しむことができます。

おやつとしても活用できる一品ですよ。

では早速作り方を見ていきましょう!

カリッとさつまいも

材料

  • さつまいも 1本(約300g)
  • 砂糖 大さじ2
  • 水 大さじ1
  • 油 大さじ2

作り方

1. さつまいもを洗い、皮を剥き、乱切りにする。

2. 10分ほど水につけてアク抜きをする。

3. 水気を切り、耐熱ボウルに入れ、ラップをして600wで4分加熱する。

4. フライパンに油を入れ、さつまいもをこんがりと焼く。

5. 余分な油を取り除き、砂糖と水を加えて全体に絡める。

6. 水気が飛んだら火を止め、しばらく混ぜる。

7. さつまいもの表面がカリッとしたら完成。

味わい

表面を焼きつけたさつまいもは外はカリッと、中はほくっとしており、砂糖との相性も抜群です。

一度食べるとやみつきになる、さつまいもの食べ方をぜひ試してみてください。

コツ、注意点

– さつまいもは先にレンジで柔らかくしておくとフライパンで焼くときに表面に焼き色をつけるだけで良いので、楽です。

– 甘さを足したい場合は、砂糖:水=2:1で増やしてもOK!

まとめ

記事の要約!
  1. 加熱したさつまいもに砂糖を絡めると美味しいおやつに!
  2. 外はカリッと、中はほくっとした食感を楽しめる。
  3. より甘くしたい場合は、砂糖:水=2:1の割合で増やしてもOK。

以上が、カリッとさつまいもの作り方です。手軽に作れて、とても美味しいので、ぜひ一度試してみてください。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

べちゃっとするカボチャを、ホクホクにするスゴ技!知っていると料理がワンランクアップ!

べちゃっとするカボチャを、ホクホクにするスゴ技!知っていると料理がワンランクアップ!

硬い「かぼちゃ」を簡単に切る方法と、余った「かぼちゃ」の保存方法

硬い「かぼちゃ」を簡単に切る方法と、余った「かぼちゃ」の保存方法

ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

きのこは洗う?洗わない?どっちが正解?元スーパーの店員が解説!

きのこは洗う?洗わない?どっちが正解?元スーパーの店員が解説!

舞茸(まいたけ)の石づきはどこで切るのが正解?意外な真実が!元スーパーの店員が解説

舞茸(まいたけ)の石づきはどこで切るのが正解?意外な真実が!元スーパーの店員が解説

意外と知らない”舞茸のおいしい食べ方”【材料4つ】手軽に作れて激うま!

意外と知らない”舞茸のおいしい食べ方”【材料4つ】手軽に作れて激うま!

エリンギの石づきはどう切るの?切る必要があるの?元スーパーの店員が解説

エリンギの石づきはどう切るの?切る必要があるの?元スーパーの店員が解説

買ったまま「エリンギ」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

買ったまま「エリンギ」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

ハズレのエリンギを買わない選び方!野菜のプロが解説!

ハズレのエリンギを買わない選び方!3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

エリンギは「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

エリンギは「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

椎茸は「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?

椎茸は「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?

ハズレの椎茸を買わない選び方!野菜のプロが解説!

ハズレの椎茸を買わない選び方!野菜のプロが解説!

買ったまま「椎茸」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

買ったまま「椎茸」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】