ハズレのエリンギを買わない選び方!3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

秋はキノコが特に美味しい季節として知られています。

中でも、エリンギは食卓に欠かせない食材として多くの人に親しまれています。

エリンギは炒め物やスープなど、さまざまな料理に使えるので、どのように選べば良いのかを知っておくと、より美味しい料理を楽しむことができます。

今回は、以前スーパーの青果担当として働いていた経験を持つ私が、ハズレのエリンギがどれなのか?、鮮度の良いエリンギの選び方をお伝えします。

ハズレのエリンギ1:傘が湿っている

エリンギを選ぶ際の最初のポイントは、「傘の部分が乾いているかどうか」です。

時間が経つと、特に傘の部分が湿気を帯びてきます。

エリンギは元々水分に非常に弱い性質を持っており、湿ったものは傷みやすくなります。

そのため、しっかりと乾燥しているものを選ぶことで、新鮮なエリンギを手に入れることができます。

ハズレのエリンギ2:傘が開いている

次に大切なのは、「傘がどれくらい開いているか」を確認することです。

傘が大きく開いているエリンギは、成長しすぎており、その結果、味が落ちてしまうと一般的に言われています。

肉厚で、そして傘が開きすぎていないものは、味が濃く、料理に使うと非常に美味しいとされています。

ハズレのエリンギ3:ハリ・弾力ががない

鮮度の良いエリンギはハリ・弾力があります。しかし、時間が経つとその特徴が弱くなります。

エリンギの新鮮さを確認するためのもう一つのポイントは、「ハリがあるかどうか」です。

ハリがないエリンギは鮮度が落ちている可能性が高いので、避けるようにしましょう。

まとめ

記事の要約!
  1. 傘の部分がしっかりと乾いているものを選ぶことで、新鮮さを確保できる。
  2. 傘が大きく開いていない、肉厚なものは味が濃くて美味しい。
  3. ハリがあるものを選ぶことで、鮮度の良いエリンギを手に入れることができる。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

きのこは洗う?洗わない?どっちが正解?元スーパーの店員が解説!

きのこは洗う?洗わない?どっちが正解?元スーパーの店員が解説!

エリンギの石づきはどう切るの?切る必要があるの?元スーパーの店員が解説

エリンギの石づきはどう切るの?切る必要があるの?元スーパーの店員が解説

ハズレのエリンギを買わない選び方!野菜のプロが解説!

ハズレのエリンギを買わない選び方!3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

エリンギは「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

エリンギは「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?元スーパーの店員が解説

椎茸は「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?

椎茸は「洗う?」or「洗わない?」どっちが正解?

ハズレの椎茸を買わない選び方!野菜のプロが解説!

ハズレの椎茸を買わない選び方!野菜のプロが解説!

買ったまま「椎茸」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】

買ったまま「椎茸」を冷蔵庫で保存はNG!正しい保存方法とは?【冷蔵・冷凍保存】