ゆで卵は「お湯から?」or「水から?」 光熱費を節約する作り方は、どっち?実際に試してみた結果!

ゆで卵の作り方には、「水から茹でる方法」と「お湯から茹でる方法」があります。

どちらも一見すると単純ですが、実際にどちらが時間と光熱費を節約できるかについては疑問が残るところです。

今回は、これらの方法にかかる時間を具体的に比較してみましょう。

水から茹でる方法とお湯から茹でる方法の比較

水から茹でる方法

ステップ:卵を水と一緒に鍋に入れ、沸騰させた後、一定時間茹でる。

結果:水が沸騰するまで約5分、卵が茹で上がるまで追加で7分、合計12分。

お湯から茹でる方法

ステップ:鍋に水を沸騰させた後、卵を入れて茹でる。

結果:水を沸騰させるまで約5分、卵が茹で上がるまで追加で9分、合計14分。

比較結果

時間:水から始める方法の方が、合計で2分短い。

光熱費:時間が短い分、水から始める方法の方が光熱費を節約できます。

理由

水から卵を茹で始めると、水が沸騰する過程で徐々に卵に熱が通り始めます。

卵の白身は60度で固まり始め、黄身は65度で固まり始めるため、沸騰するまでの時間も加熱時間として効率的に活用されます。

このため、水から茹で始めた方が、全体の調理時間が短くなり、その結果、光熱費の節約にもつながります。

まとめ

記事の要約!

光熱費の節約と時間の効率を考える場合、「水から茹でる方法」が推奨されます。

時間が短縮されるだけでなく、光熱費も節約できるため、ゆで卵を作る際は水から始める方法を選ぶと良いでしょう。

気になる方は、ぜひ試して下さいね。

関連記事

「早く知りたかった」包丁の切れ味が復活する裏ワザ「試してみたい」

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?

水筒の洗い方!頑固な”茶渋・水アカ”を簡単に落とす方法!

「捨てないで」みかんの皮の”意外な活用方法”とは?

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」珈琲カスの意外な活用方法とは?

「捨てないで」ティーパックの”意外な活用法”とは?