いつの間にか傷んでた…を回避!蓮根(レンコン)を長持ちさせる保存方法「3選」

レンコンは秋から冬にかけてが旬で、この期間は特に美味しくなります。

しかし、購入後にすぐ使わなかった場合、どのように保存すれば良いのか悩むこともあるでしょう。

特に冷蔵庫での保存方法には注意が必要です。

今回は、レンコンを新鮮な状態で長持ちさせる保存方法を3つ紹介します。

保存方法1:土付きレンコン

土付きレンコンを水で洗うと、実は新鮮さが損なわれます。

土がついた状態で保存する方が、レンコンは長持ちします。

すでにカットされている場合、切り口が乾燥しないように湿らせたキッチンペーパーで包みます。

食品用の密閉袋に入れて冷蔵庫で保管すると良いでしょう。

保存方法2:皮を剥いたレンコン

皮をむいて切ったレンコンは、そのまま保存すると乾燥してしまいます。

保存前に酢水に5分間浸し、変色を防ぎましょう。

酢水は水500mlに酢小さじ1を混ぜたものです。

浸した後は、水に入れて保管し、水は毎日新しくしてください。

これにより、レンコンを鮮度の良い状態で保つことができます。

保存方法3:レンコンの冷凍

レンコンを冷凍する際は、丸ごとではなく事前にカットすることが重要です。

皮をむき、適切なサイズに切った後、酢水に浸します。

水気をしっかり切ってください。

その後、冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。

この方法で冷凍したレンコンは、調理時にそのまま使用でき、便利です。

まとめ

記事の要約!

– 土がついたレンコンは、洗わずに湿らせたキッチンペーパーで包み、食品用保存袋で冷蔵保存。

– カットしたレンコンは、酢水に浸してから水につけ、毎日水を替えて冷蔵保存。

冷凍保存する場合は、皮をむき、カットして酢水に浸した後、水気を切ってから冷凍用の保存袋に入れる。

これらの方法でレンコンを保存すれば、鮮度を長く保ち、食べたいときに美味しいレンコンを楽しむことができます。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説