【みかんの保存】おいしく、鮮度よく長持ちさせる方法!元スーパーの店員が解説

旬の味覚、「みかん」が美味しい季節になりましたね。

特にこれからの時期はみかんがジューシーで甘く、手軽に美味しいフルーツとして多くの人々に親しまれています。

しかし、せっかく市場やスーパーで手に入れたみかんが、あれよあれよという間に腐ってしまうこともありませんか?

そんな悲しい経験を避けるためにも、みかんの適切な保存方法を知っておくことは重要です。

箱買いの「みかん」の保存方法

みかんを箱買いした場合、みかんは箱詰めの状態で手元に届くことが多いでしょう。

まず、箱をひっくり返してみかんを取り出しましょう。

次に新聞紙を広げて箱の中に敷きます。新聞紙が湿気を吸収し、湿度を保ってくれます。

そして風通しの良い場所に保存します。

これにより、みかんは湿度と風通しを保ちつつ、新聞紙が保護することで、より長く新鮮な状態を保つことができます。

箱で購入するときも、大きなみかんと小さいみかんどっちを購入しますか?実は甘さが違うんです。

「大きいみかん」or「小さいみかん」、どっちが甘い?どっちがお得感があるの?元スーパーの店員が解説

室温で保存する方法

もう一つの保存方法として、室温で保存する方法もおすすめです。

こちらは風通しの良いカゴやバスケットなどの入れ物を用意し、入れ物の底にキッチンペーパーを敷いてみかんを並べます。

キッチンペーパーは余分な湿気を吸い取り、みかんをサラッとした状態で保ちます。

風通しの良い場所に置くことで、適切な温度と湿度でみかんを保存し、美味しさを長持ちさせます。

冷蔵で保存する方法

そして最後に、冷蔵保存の方法をご紹介します。

これはみかんを最も長持ちさせる方法の一つで、特に暖かい季節には適しています。

みかん1個1個をキッチンペーパーで包み、その上から食品用のポリ袋に入れて野菜室で保存します。

キッチンペーパーがみかんの表面の湿気を保ち、ポリ袋が外部の湿気と空気の侵入を防ぎます。

保存中も2日に1回程度、みかんの状態を確認し、もしキッチンペーパーが湿っていたら取り替えましょう。

これによりみかんは常に適切な状態で保存され、美味しさを保ち続けます。

今回紹介した保存方法でも、購入するときに鮮度の悪いハズレのみかんを購入すると長持ちしなくなることもあります。ご注意くださいね。

ハズレのみかんを買わない選び方!3つのコツを解説!意外と知らない「みかん」の豆知識

まとめ

記事の要約!
  1. 箱買いみかんの保存: 箱から出し、新聞紙を敷く。みかんを箱に戻して、風通しの良い場所に保存。
  2. 室温保存方法: カゴ等にキッチンペーパーを敷き、みかんを並べて風通しの良い場所に置く。
  3. 冷蔵保存方法: みかんをキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存。湿ったキッチンペーパーは取り替える。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

野菜・果物の使い方に迷ったら!こちらのレシピ集がオススメですよ!

ハズレのシャインマスカットを買わない選び方

ハズレの「シャインマスカット」を買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説

房のままはNG!シャインマスカットを鮮度よく長持ちさせる保存方法!元スーパーの店員が解説

ハズレの「梨」を買わない選び方!美味しいのはどれ?3つのコツを解説

梨を1ヶ月も長持ちさせる保存方法

「梨」を1ヶ月も長持ちさせる簡単な方法!元スーパーの店員が解説

甘いスイカの選び方(カットスイカ編)

甘いスイカを選ぶ!たった2つのコツ(カットスイカ編)

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣