「早く知りたかった」食費が少ない人が「買わない3つの食品」【5人家族・収入の3割を貯金する達人に学ぶ】

家計の管理をしていると、食費がどのように変動するか気になるものですよね。

特に、わが家(5人家族)のように家族が多いと食費の節約は重要な課題になります。

夕食は1人当たり1食200円以内におさまるように献立を立てています。

節約上手な家族は、どのようにして食費を減らし、それでも健康や満足度を保っているのでしょうか。

自称節約上手なわが家では、実は、「買わない」ある3つの食品があります。これらを避けることで、賢く節約できるかもしれませんよ。

旬ではない野菜・果物

野菜や果物は、旬の時期に買うのが一番です。

旬ではない時期には、施設栽培など栽培時にコストがかかるために、野菜・果物は高くなりがちです。

また、旬の食材はその時期に最も美味しく、栄養価も高いとされています。

節約を意識しているわが家では、旬の野菜や果物を選んで購入し、食費を抑えつつ、食事の質を高める工夫をしています。

季節ごとの旬の食材を知り、それに合わせて食事メニューを考えることがポイントです。

あまり使わない調味料

キッチンにはさまざまな調味料がありますが、実際には使われずに期限を迎えるものも少なくありません。

節約上手な家庭では、必要最低限の調味料に絞り、多種多様な調味料を買い揃えることはありません。

使用頻度の高い調味料を中心に、メニューに合わせて賢く使い分けることで、食費を節約しています。

余分な調味料を買わないことで、キッチンスペースもすっきりと保てます。

すぐに料理ができて便利な「〇〇の素」

手軽に料理を楽しめる「〇〇の素」も、節約家庭ではあまり買わない食品の一つです。

これらの商品は便利ですが、価格が高めであり、自分で材料を揃えて作るよりもコストがかかります。

また、自家製の料理の方が、材料を自分で選べるため健康的で、味の調整も自由にできます。

節約上手な家族は、基本的な料理のレシピを身につけ、手作りの料理を楽しむことで、食費を抑える工夫をしています。

まとめ

記事の要約!

– 旬ではない野菜や果物を避け、旬の時期に合わせた食材を選ぶ。

– 必要最低限の調味料に絞り、使用頻度の低いものは買わない。

– 「〇〇の素」を使わず、基本的な料理を自分で作ることで、コストを抑える。

これらのポイントを押さえることで、食費を賢く節約しながら、家族みんなが満足できる食生活を送ることができます。

最新記事一覧

関連記事