ハズレの「かぼちゃ」を買わない3つのコツ!元スーパーの店員が解説

かぼちゃを選ぶ際のポイントは非常に重要です。

スーパーでかぼちゃを選ぶとき、皆さんはどのような基準で選んでいますか?

見た目が綺麗なものを選ぶだけでは、実は甘味が少ないかぼちゃを選んでしまうこともあるのです。

そこで、今回は、本当においしいかぼちゃの選び方について、詳しくご紹介します。

ちなみに、1玉かぼちゃを購入する方は少ないと思い、今回はカットされた西洋かぼちゃを基準に説明しています。ご了承ください。

1. 皮の色をしっかりと確認する

まず最初に、かぼちゃの皮の色に注目してみましょう。

一般的に、濃い緑色の皮の中で、部分的に濃いオレンジ色に変色しているものが良いとされています。

この変色部分は、日光が当たらなかった部分で、中の果肉の色が皮にあらわれています。

濃いオレンジ色だとしっかりと熟している可能性が高いのですよ。

2.カットした断面が乾燥していない!

カットしたかぼちゃはキレイにラップされていると思います。

カットした直後は断面がみずみずしいのですが、時間が経ってくると乾燥してきます。

丸のままのかぼちゃよりもカットされたかぼちゃは、鮮度劣化がはやく進みます。

そのため、断面が乾燥していないものを選ぶのがオススメですよ。

ちなみにカットされたかぼちゃは、そのまま保存するのはあまりオススメしません。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

かぼちゃを長持ちさせるオススメの保存方法!【冷蔵・冷凍編】元スーパーの店員が解説!

3. 種を確認する

最後に、かぼちゃの種を確認します。

かぼちゃは、完熟していると種は厚みがあって大きい傾向にあります。

また、ぎっしりと種が詰まっているものも美味しいかぼちゃに当たる確率が高いですよ。

定番のかぼちゃ料理に飽きたらこちらがおすすめですよ。

意外と知らない”かぼちゃの美味しい食べ方”「外はサクッ、中はホクホク食感!」

まとめ

記事の要約!
  1. かぼちゃを選ぶ際は、皮の色の状態、カット断面、そして種をしっかりと確認することが大切です。
  2. カット断面がみずみずしいかぼちゃを選ぶのが良いですよ。
  3. 種がしっかりしているかぼちゃは、おいしい可能性が高いと言われています。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

野菜・果物の使い方に迷ったら!こちらのレシピ集がオススメですよ!

べちゃっとするカボチャを、ホクホクにするスゴ技!知っていると料理がワンランクアップ!

硬い「かぼちゃ」を簡単に切る方法と、余った「かぼちゃ」の保存方法

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説