バナナの値段が「高い」「安い」何が違うの?味に違いはあるの?

バナナは美味しく、手頃な価格で日常的に楽しめるフルーツですね。

しかし、バナナにも価格の高い、安いがあります。

例えば、1房が150円であるものもありますが、400円のものもあり、価格差は2倍以上にもなります。

では、この価格差はどこから来るのでしょうか?また、味にも違いはあるのでしょうか?

元スーパーの青果担当者が、高価なバナナと安価なバナナの違いについて解説します。

高いバナナと安いバナナの違いは?

バナナの価格は、育てられた標高によって異なります。

具体的には、低い標高で育ったバナナは約10ヶ月で収穫可能で、栽培期間が短いため、価格が低く設定されています。

対照的に、高い標高で育ったバナナは12ヶ月から15ヶ月の栽培期間が必要で、手間がかかる分、価格に反映されています。

高い標高では昼夜の温度差が大きく、これがバナナの質と価格に影響を与えます。

バナナの値段で味が違うの?

味の違いについても見ていきます。

高い標高で育ったバナナは味が濃く、甘みが強いです。

昼夜の温度差が大きいため、バナナが大きくなるまでに時間がかかります。

じっくりと大きくなるにつれてしっかりとでんぷんを蓄え、甘いバナナになります。

濃厚な甘味があるので、そのまま食べるとどっしりした旨味を感じられます。

一方、低い標高で育ったバナナは、味が軽く、さっぱりとしています。

バナナを使ったスイーツやスムージーに利用するのがオススメ。

どちらが良いかは好みの問題ですが、用途に応じて選んでくださいね。

まとめ

記事の要約!
  1. バナナの価格は育てられた標高により異なる。
  2. 高い標高で育ったバナナは価格が高く、味が濃く甘い。
  3. 低い標高で育ったバナナは価格が低く、味が軽い。
  4. 高い標高では昼夜の温度差が大きく、これがバナナの質と価格に影響。

関連記事(食材の豆知識)

バナナの意外な保存場所とは?間違っていたかも?

ハズレの不味いバナナを選ばない3つのポイント!すぐにチェックできる裏ワザ