ハズレの「スイカ」を買わない選び方。たった2つのコツを解説

スイカの美味しい季節です。

スーパーや青果店で見かけるスイカは一見すると全て美味しそうに見えますが、たまに期待外れのものを選んでしまうことはありませんか?

今回は、そんな期待外れのスイカを選ばないための方法を2点、お伝えします。

コツ1:甘さ抜群のスイカを見つける方法!

スイカの甘さや熟れ具合は外見だけでは判断しにくいものです。

同じ条件で育ったスイカでも、品質は一定ではありません。

ですが、光センサー選果技術を用いて選別され、更に上位グレードに分類されたスイカを選ぶことで、甘くて美味しいスイカに出会える確率が大幅にアップします。

【補足情報】

「光センサー選果」は、スイカを切らずに糖度、熟度、空洞の有無を測定し、一つ一つのスイカの品質を確認できる技術です。

他の果物、例えば桃やみかんでは、スーパーや青果店で「光センサー選別済み」と表示されていることもありますが、スイカではそれが少ないです。

もし店頭にその表示がない場合、販売されているスイカが「光センサー選果」で上位グレードのものかどうか、店員に尋ねてみても良いですね。

コツ2:新鮮なスイカの見分け方

スイカを選ぶとき、新鮮さをチェックするための重要なポイントは「つる」の部分です。

つるが茶色に変色しているスイカは、収穫から長期間経って古くなっている可能性があります。

新鮮でジューシーなスイカを選びたい場合は、つるが緑色を保っているものを選びましょう!

ただし、全てのスイカにつるがついているわけではないので注意が必要です。

つるがないスイカでは、「ヘタ」の部分をチェックしてください。

ヘタもつると同様、緑色であれば新鮮な証拠です。

時間が経過するとヘタは茶色く変色してしまうので、ヘタの色の違いから新鮮さを判断することができます。

まとめ

記事の要約!
  1. チェックポイント1:「光センサー選果」技術を利用して選別・グレード分けされたスイカは甘くて美味しい確率が上がる。店頭で「光センサー選果」表示がない場合は、店員に確認を推奨。
  2. チェックポイント2:新鮮なスイカの選び方は「つる」の色をチェック。緑色のつるは新鮮さの証。つるがない場合は「ヘタ」の色で判断。緑色が新鮮。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説