「捨てるのはもったいない」ラップの芯”意外な活用法”「早く知りたかった」「すぐに試してみたい」

ラップの芯の再利用は、家庭内で簡単にできるエコなアイデアの一つです。

特に、お肉を柔らかくするのに活用するという方法は、工夫次第で料理の幅が広がります。

ここでは、お肉を柔らかくするためにラップの芯を使う方法を詳しく説明します。

ラップの芯を使ったお肉の柔らかくする方法

準備するもの

– ラップの芯

– お肉(今回は鶏むね肉を例にします)

ラップ

手順

1. まな板の上にラップを敷いて、その上にお肉を置きます。

2. さらにその上からラップをかぶせます。

3. ラップの芯を使って、お肉を叩きます。

硬いお肉でも、下処理せずに調理するよりも、お肉がやわらかくなります。

コツと注意点

– ラップの芯でお肉を直接叩かないようにしてください。衛生的に問題があるからです。

– お肉にドリップ(肉汁)がついたり、ラップの芯がお肉に直接触れた場合は、そのラップの芯は使わないようにしましょう。

ラップの芯は丈夫ですが、お肉を叩くときは力加減に注意してください。過度な力を加えると、お肉の質感が損なわれることがあります。

まとめ

記事の要約!

– ラップの芯を再利用して、お肉を柔らかくする方法をご紹介しました。

– 衛生面に注意しながら、適度な力加減でお肉を叩くことがポイントです。

使用後のラップの芯は、衛生的に問題がないか確認し、必要に応じて廃棄してください。

この方法を試すことで、お肉の下ごしらえがより効果的になり、料理の仕上がりに差が出ます。

捨てる予定だったラップの芯が、こんなにも役立つとは意外かもしれませんね。

ぜひ、このアイデアを活用してみてください。

関連記事

節約上手があえて手を出さない3つの節約法「時間はお金より貴重」【5人家族・収入の3割を貯金する達人に学ぶ】

「食費が少ない人」の買い物カゴにいつも入っている“3つの食品”【5人家族・収入の3割を貯金する達人に学ぶ】

「早く知りたかった」食費が少ない人が「買わない3つの食品」【5人家族・収入の3割を貯金する達人に学ぶ】

「捨てないで」飲み切った”2Lのペットボトル”の活用法「早く知りたかった」簡単で意外な裏ワザとは?【節約術】

「捨てるのはもったいない」アーモンドチョコの空き箱”意外な活用法”「早く知りたかった」「すぐに試してみたい」

「捨てるのはやめて」ジャムの空き瓶”意外な活用法”「早く知りたかった」

「早く知りたかった」飲み切った牛乳パック”意外な活用法”「今まで存してた」「すぐに試してみたい」

「早く知りたかった」包丁の切れ味が復活する裏ワザ「試してみたい」

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?

水筒の洗い方!頑固な”茶渋・水アカ”を簡単に落とす方法!

「捨てないで」みかんの皮の”意外な活用方法”とは?

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」珈琲カスの意外な活用方法とは?

「捨てないで」ティーパックの”意外な活用法”とは?