「早く知りたかった」茶碗についた「納豆のネバネバ」をストレスなく落とす裏ワザ

納豆を食べた後の茶碗のネバネバは、洗いにくく感じる方も多いでしょう。

特に、納豆のネバネバがスポンジに付着してしまい、他の食器に移ってしまうこともあります。

しかし、心配無用です。簡単で効果的な方法があります。

納豆のネバネバを簡単に取る方法

準備するもの

40度ぐらいのお湯(ポットの熱湯も可能ですが、やけどには注意)

手順

1. お湯を入れる:納豆のネバネバが付いた茶碗に、40度ぐらいのお湯を注ぎます。

2. つけ置き:その茶碗を5分ほど放置します。

3. すすぐ:お湯でつけ置きした後、茶碗を軽くすすぎます。すると、ネバネバが簡単に取れます。

4. 通常の洗浄:最後に、洗剤を付けたスポンジで普通に洗い、水できれいにすすぎます。

この方法なら、水だけでつけ置きする場合に比べて、はるかに効果的にネバネバを取り除くことができます。

まとめ

記事の要約!

– お湯で簡単にネバネバ除去:お湯でつけ置きすることで、納豆のネバネバが容易に取れます。

– 食器洗いの手間軽減:この方法を使えば、納豆ご飯の後の茶碗洗いが格段に楽になります。

日々の家事効率化:簡単なこの裏ワザを使って、日常の家事を少しでも楽にしましょう。

納豆ご飯の後の茶碗洗いがこれでラクになり、日々の食事後の片付けも気軽にできるようになります。

ぜひお試しください。

関連記事(裏ワザ)

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」珈琲カスの意外な活用方法とは?

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?