インスタント味噌汁はもう買わない!「お湯を注いで、10秒で完成」意外と知らない”冷凍みそ汁”とは?

家庭で簡単に作れる味噌汁のレシピを紹介します。

手間をかけずに、あっという間に完成するこのレシピは、朝の忙しい時間やふとしたときの小腹を満たしたいときにぴったりです。

冷凍保存することで、いつでも手軽に温かい味噌汁を味わうことが可能になります。

簡単10秒味噌汁

このレシピの特徴は、事前に準備しておけば、お湯を加えるだけで10秒で味噌汁が完成する点です。

冷凍保存により、新鮮な味わいを保ちつつ、長期間保存が可能です。

冷蔵庫で保存すると品質が落ちる恐れがあるため、冷凍庫での保存をお勧めします。

必要な材料

– 味噌:300g

– 乾燥わかめ:大さじ1

– 乾燥野菜:大さじ3

– 鰹節の粉末:20g

作り方

1. 味噌、乾燥わかめ、乾燥野菜、鰹節の粉末をタッパーに入れて、よく混ぜ合わせます。

2. 混ぜた材料を冷凍庫で保存します。

3. 食べるときに、タッパーから必要な量を取り出します。

4. お椀に入れた材料にお湯を注ぎ、しっかりとかき混ぜると、味噌汁の完成です。

材料の選び方

米味噌を使うと、混ぜやすく、味わいにコクが出ます。

乾燥わかめや野菜はお好みで選んでください。

鰹節の粉末はなくても構いませんが、あると味噌汁に深みが増します。

コツ・注意点

– 味噌は米味噌を選ぶと、混ぜやすくなります。

– 乾燥わかめや野菜は、洗わずに使えるタイプを選ぶと便利です。

– 鰹節の粉末は、塩分のないものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

記事の要約!

– 事前に材料を混ぜて冷凍しておくと、10秒で味噌汁が作れます。

– 米味噌、乾燥わかめ、乾燥野菜、鰹節の粉末を使用します。

– お湯を注ぐだけで、いつでも温かい味噌汁を味わえます。

このレシピを使えば、市販のインスタント製品に頼ることなく、簡単に本格的な味わいの味噌汁を楽しむことができます。

忙しい時でも、この方法なら美味しい味噌汁をすぐに楽しむことが可能です。

関連記事

「早く知りたかった」食パンあったらすぐに作りたい!意外と知らない「食パンのおいしい食べ方」

「早く知りたかった」飲み切った牛乳パック”意外な活用法”「今まで捨ててた」「すぐに試してみたい」

「捨てるのはもったいない」ラップの芯”意外な活用法”「早く知りたかった」「すぐに試してみたい」

「早く知りたかった」包丁の切れ味が復活する裏ワザ「試してみたい」

「捨てないで」味噌の空ら容器の”意外な活用法”とは?

水筒の洗い方!頑固な”茶渋・水アカ”を簡単に落とす方法!

「捨てないで」みかんの皮の”意外な活用方法”とは?

「捨てないで」ビンのフタの意外な活用方法とは?

「捨てないで」珈琲カスの意外な活用方法とは?

「捨てないで」ティーパックの”意外な活用法”とは?