カット白菜「緑色」or「黄色」は、どっちが新鮮!「意外だった」野菜の常識とは?

スーパーや青果店で白菜を選ぶ際に役立つ知識を紹介します。

白菜は、鍋料理や漬物、サラダなどで大活躍する野菜です。

売られている白菜の中には、半分や四分の一にカットされたものがあり、その中心部分が時に黄色や緑色をしていることがあります。

これには理由があります。

中心部分が緑色の白菜は鮮度が悪い?

緑色が鮮やかなキャベツやレタスは新鮮さの証ですが、白菜の場合は異なります

カットされた白菜の中心部分が緑色になっている場合、カットされてから時間が経過している可能性が高いです。

これは、店内の照明が白菜の光合成を促し、徐々に緑色に変色させるためです。

もちろん、この状態の白菜を食べても安全です。

【注意点】

ここでの説明は、一般的な品種に基づいています。冷蔵庫で保存していた白菜が緑色に変色した場合は、早めに食べることをお勧めしますが、その際は異臭や変質がないことを確認してください。

中心部分が黄色の白菜は鮮度が良い?

一方、白菜の中心部分が黄色い場合は、鮮度が良いとされています。

カット直後の白菜は、白に近い淡い黄色をしており、芯の部分も盛り上がっていません。

外見上、緑色の中心を持つ白菜と比べると鮮度が低く見えるかもしれませんが、実際はその逆です。

カット白菜の選び方

これらの情報を踏まえて、白菜を選ぶ際は、中心部分が黄色いものを選ぶことをお勧めします。

黄色い白菜は鮮度が良いため、料理に使用する際にも良い結果が得られます。

次にお店で白菜を選ぶ時は、この点をぜひチェックしてみてください。

まとめ

記事の要約!

– 白菜を選ぶ際、中心部分の色に注意すると良い。

– 中心部が緑色の白菜は時間が経過しており、緑色に変色している可能性がある。

– 中心部が黄色の白菜は鮮度が良く、購入におすすめ。

– 芯の盛り上がり具合もチェックポイントの一つ。

– 冷蔵庫で保存していた白菜が緑色に変色した場合は早めに消費し、変質がないことを確認する。

鮮度が良い白菜を選ぶことで、料理の質も向上する。

関連記事(食材の豆知識)

知ると得する!食材の裏ワザ!30選を元スーパーの店員が解説

大葉は洗う?洗わない?どっちが正解?

大葉は洗うべきか?:理由と洗い方を、野菜のプロが解説

オクラの大きさで味が変わるってホント?

オクラの大きさで味が変わるってホント?野菜のプロはどっちを買う?

ナスは生で食べられるってホント?

ナスは生で食べられるって知ってた?コツと注意点を解説

シワシワのミニトマトを復活させる方法!

シワシワのミニトマトは捨てない!プリッと復活の秘訣

トマトは色の違いで保存方法が違う!どう保存すればいいの?

色で見分ける!「青いトマト」と「赤いトマト」の正しい保存術

ナスのおすすめの保存方法は?冷蔵庫に入れるのはNG!

ナスは冷蔵庫に入れないで!おすすめの保存方法とは?

鮮度の良いナスの選び方!

鮮度の悪いナスを買わない選び方!たった3つのコツを、元スーパーの店員が解説!

使いかけの「もやし」の保存方法!

使いかけの”もやし”の保存方法とは?水に漬けるってホント!?

ピーマンのタネ・ヘタを素早く取る方法!

包丁を使わない!素早くキレイにピーマンの”タネ”を取る方法

ピーマンの保存方法「3選」!長持ちするコツ

【ピーマン】やってはいけないNGな保存方法「3選」!おすすめの保存方法も解説